【終身保険】「E-終身」の保険料は安いけど最安ではない!評判・口コミも紹介|FWD富士生命

この記事では、FWD富士生命の公式サイトで強調されている点を検証し、さらに公式サイトに載っていないデメリットも解説します。

評判・口コミも紹介しますよ!

「E-終身」はFWD富士生命が販売する通信販売型終身保険(生命保険)です。

「FWD富士生命なんて来たことがないけど大丈夫?」と思った方もいるかもしれませんが、信頼できる会社なので安心してください。

 

公式サイトで強調されているのは以下の5点です。

(1)一生涯の保障をよりエコノミーな保険料で

(2)将来のための資金準備

(3)保険料の払込みを免除

(4)健康サポートを受けられる

それでは見ていきましょう。

 

1.公式サイトの内容検証

(1)一生涯の保障をよりエコノミーな保険料で ★★★★★

30歳 保険期間:60歳払い 保険金額:1,000万円 でシミュレーションすると

男性 月払保険料
こだわり終身保険v2(マニュライフ生命) 20,310円(非喫煙者割引)
終身保険RISE[ライズ](オリックス生命) 21,640円
E-終身(FWD富士生命) 21,880円
未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック) 24,060円(60歳変更タイプ)
つづけトク終身(メットライフ生命) 32,890円
女性 月払保険料
こだわり終身保険v2(マニュライフ生命) 19,730円(非喫煙者割引)
終身保険RISE[ライズ](オリックス生命) 20,760円
E-終身(FWD富士生命) 21,060円
未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック) 22,990円(60歳変更タイプ)
つづけトク終身(メットライフ生命) 32,325円

こだわり終身保険v2や終身保険ライズに次ぐ安さです。

かなり安い水準ですね。

 

(2)将来のための資金準備★★★★★

「E-終身」には解約返戻金があります。

「E-終身」の解約返戻率は保険料支払い期間満了後にほとんどの場合100%をこえるようになっているので、将来のための資金準備はできます。

しかし、契約の仕方によっては解約返戻率が100%を切ることも。

30歳 保険金額:1,000万円

保険料支払い期間 解約返戻率
60歳払い 約110.7%
65歳払い 約112.3%
90歳払い 約104.7%
10年払い 約98.7%
15年払い 約102.8%
18年払い 約105.1%

このように、解約返戻率は契約内容によって細かく変動することが多いです。

保険料支払い期間が満了しても解約返戻率が100%を切る死亡保険は多いです。

「E-終身」で上の場合だと、65歳払いのときに約112.3%になります。この数字はかなり良いですね。

(3)保険料の払込みを免除★★★★☆

「E-終身」には保険料払込免除特約があります。

保険料払込免除特約を付加すれば、3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)による所定の状態や所定の身体障害状態・要介護状態に該当した場合、以後の保険料の払込みが免除されます。

もちろん保険料の払込みが免除された後でも保障は続きます。

また、「E-終身」ではリビングニーズ特約も用意されています。

リビングニーズ特約とは被保険者が余命6ヶ月以内と判断されたとき、特定状態保険金が支払われる制度です。

リビングニーズ特約は多くの保険についているので、特別「E-終身」が優れているというわけではありません。

しかし、メリットであると言えるでしょう。

 

(4)健康サポートを受けられる★★★★★

FWD富士生命の販売する保険に加入するとFWD富士生命健康サービスを利用することができます。

このサービスはおおまかに以下の5つに分けられます。

①ベストホスピタルネットワークサービス

相談に応じて、セカンドオピニオンや受信手配・紹介サービスを提供してくれます。

医師によって病気への見解が異なることがあるので嬉しいサービスですね。

②がんトータルサポートサービス

がんの治療についてだけでなく、メンタル面のサポートもしてくれます。

がんになると、精神的にも負担がかかるので魅力的な特典と言えるでしょう。

③健康医療相談サービス

経験豊かな医師や看護師のいる相談スタッフが、健康に関する相談に24時間年中無休でサポートしてくれます。

経験豊かな医師や看護師が相談に乗ってくれるのは嬉しいですね。

④こころのサポートサービス

精神的な悩みにのってくれます。精神的なサポートがあるのは安心です。

⑤糖尿病トータルサポートサービス

糖尿病についての相談に経験豊かな保健師、看護師がのってくれます。また、必要に応じて医師や医療機関を紹介してくれます。

 

かなり充実したサービスと言えるでしょう。

 

2.公式サイトの内容検証まとめ

公式サイトの内容検証は以下のようになりました。

(1)一生涯の保障をよりエコノミーな保険料で★★★★★

(2)将来のための資金準備★★★★★

(3)保険料の払込みを免除★★★★☆

(4)健康サポートを受けられる★★★★★

おおむね良好な保険です。

保険料や解約返戻金から見ると選んでも間違いはない保険といえます。

 

3.公式サイトに載っていないデメリット

「E-終身」のデメリットは以下の二つです。

(1)保険料支払い期間中の解約返戻金は低い

(2)非喫煙者には不利

それぞれ見ていきましょう。

(1)保険料支払い期間中の解約返戻率は低い

「E-終身」で保険料支払い期間中の解約返戻率は約70%前後と低く設定されています。

保険料支払い期間中の解約返戻率が低いために保険料が安くなっているのでしょうがない部分ではありますが。

(2)非喫煙者には不利

「E-終身」には、健康な方向けの割引特典がありません。

非喫煙者の場合は、非喫煙者割引がある保険も一度考えてみてください。

例えば、こだわり終身保険v2(マニュライフ生命)は非喫煙者割引を付けることで、保険料がかなり安くなります。

しかし、「E-終身」も保険料が安く設定されています。

非喫煙者でも、十分な利益があるでしょう。

 

4.「E-終身」の評判・口コミ

ぽいときにつかって

満期まで払い込めば返戻率がいい

利点は、満期後の解約返戻金の高さです。経済的事情から60歳の満期で解約せざるを得なくなり、その場合の返戻率が120%近くになり、本当に助かります。

また3大疾病時と要介護状態時の保険料払い込みが免除される特約があります。特に私は要支援状態になり、要介護状態に進行する可能性があるので、この特約は本当に安心できます。

返戻金が高い分保険料も割高ではあります。また満期以前の解約返戻率が低いので、解約しないで済むよう、当初の保険料は少なめにした方が良かったと感じました。

解約返戻率に満足しているようですね。

E-終身を子どもの学資保険がわりに利用

長女が生まれた時に学資保険を探しに保険ショップに行ったところ、学資金を終身保険を使って貯めている人もいるから、とこちらの保険を勧められました。選んだ理由としては、まず学資保険よりも同じ年数据え置いた時の返還率が良かったからです。もう一つは学資保険に付いている医療保険や父親が万一の時に払われる育英年金は他の保険で準備が出来ていたので、学資保険にあまり魅力を感じなかったからです。加入当時は外貨建ての保険に対して変動があることが気にかかりあまり積極的になれなかったのでこちらの無難な保険を選んで満足しています。

引用元:FWD富士生命「E-終身」(円建て終身保険)の口コミ・評判(みん評)

学資保険の代わりにもなるということですね。

 

5.まとめ 「E-終身」は貯蓄性を求める方におすすめ!

「E-終身」は解約返戻率が高いことから、生命保険に貯蓄性を求める方におすすめできます。

ただ、他にも「こだわり終身保険v2」「終身保険RISE」のように保険料も安く解約返戻率も高い終身保険があります。

自分の希望の条件でどの保険が一番得するのか比較検討しましょう。

また、「E-終身」は健康サポートも充実しています。サポート面も期待できますね。

PR

「E-終身」の解説・評価を行ってきましたが、これらはあくまで一般論です。

多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

「近くに保険ショップがないから自分には関係ない」と思った方もご安心ください。

ほけんのぜんぶ」は無料訪問相談を行っているので、近くに保険ショップがなくても自宅や勤務先でFPに相談できます。

さらに「ほけんのぜんぶ」は32社一斉比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんのぜんぶ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら保険相談+面談後アンケート回答でプレゼントがもらえるキャンペーンもやってますよ!