【終身保険】「一生のお守り」は特約多いが保険料高し!評判・口コミも紹介|SOMPOひまわり生命

この記事では「一生のお守り」の公式サイト・パンフレットで強調されている点を検証し、さらに公式サイト・パンフレットに載っていないデメリットを解説します

評判・口コミも紹介しますよ!

「一生のお守り」はSOMPOひまわり生命が販売する対面型終身保険(生命保険)です。

公式サイト・パンフレットで強調されているのは以下の7点です。

(1)保障は一生涯。何歳で亡くなっても死亡保険金を受け取れる

(2)解約返戻金をおさえた分、保険料は割安

(3)掛け捨てではないので、解約返戻金が活用できる

(5)三大疾病により所定の事由に該当した場合、以後の保険料支払い免除

(5)要介護1以上と認定された場合などに介護一時金を受けとれる

(6)SOMPO健康生活サポートサービス

(7)介護一時金特約に加入するとサポートが増える

それぞれ見ていきましょう。

1.公式サイト・パンフレットの内容検証

(1)保障は一生涯。何歳で亡くなっても死亡保険金を受け取れる ★★★☆☆

「一生のお守り」は商品名の通り終身保険です。

もちろん保障は解約しないかぎり一生続きます。また、何歳で死亡しても死亡保険金を受け取れます。

終身保険として当たり前のことですね。

(2)解約返戻金をおさえた分、保険料は割安 ★★★☆☆

「一生のお守り」は保険料支払い期間中の解約返戻率が低く抑えられています。いわゆる低解約返戻金型です。

シミュレーションしました。

30歳 保険期間:60歳払い 保険金額:1,000万円 

男性 月払保険料
こだわり終身保険v2(マニュライフ生命) 20,310円(非喫煙者割引)
終身保険RISE[ライズ](オリックス生命) 21,640円
E-終身(FWD富士生命) 21,880円
未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック) 24,060円(60歳変更タイプ)
一生のお守り 24,130円
つづけトク終身(メットライフ生命) 32,890円
女性 月払保険料
こだわり終身保険v2(マニュライフ生命) 19,730円(非喫煙者として計算)
終身保険RISE[ライズ](オリックス生命) 20,760円
E-終身(FWD富士生命) 21,060円
未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック) 22,930円(60歳変更タイプ)
一生のお守り 23,400円
つづけトク終身(メットライフ生命) 32,325円

このように他の終身保険と比較すると、特別安いわけではないですね。むしろ高めです。

 

(3)掛け捨てではないので、解約返戻金が活用できる ★★★☆☆

「一生のお守り」には解約返戻金があります。しかし、残念ながら「一生のお守り」の解約返戻率は低いです。

30歳男性 保険金額:500万円 保険料支払い期間:60歳まで 特定疾病診断保険料免除特約付加 月払保険料:12,550円

保険年度(年) 年齢(歳) 総支払い保険料 解約返戻金 解約返戻率
1 30 150,600円 49,100円 32.6%
11 40 1,656,600円 1,087,550円 65.6%
21 50 3,162,600円 2,123,900円 67.1%
31 60 4,518,000円 4,487,600円 99.3%
41 70 4,518,000円 4,660,700円 103.1%

同じ条件で「こだわり終身保険v2」「終身保険ライズ」は保険料支払い期間が終わると解約返戻率がそれぞれ106.3%と111.4%になります。

「一生のお守り」はその後に解約返戻率がぐんと伸びるわけでもないです。

解約返戻率を重視するならば「こだわり終身保険v2」「終身保険ライズ」などを検討したほうがよいでしょう。

解約返戻金がないよりマシ程度です。

(4)三大疾病により所定の事由に該当した場合、以後の保険料支払い免除 ★★★★☆

「一生のお守り」には三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)により所定の状態になったときに以後の保険料が免除される特約があります。

所定の事由

がん 初めてがんと医師により診断確定されたとき。

(上皮内がん、悪性黒色腫以外の皮膚がんは含まない)

急性心筋梗塞 被保険者が急性心筋梗塞を発病し、①②いずれかに該当したとき。

①初めて医師の診療を受けたその日からその日を含めて60日以上労働の制限を必要とする状態と医師により診断されたとき

②急性心筋梗塞の治療を直接の目的として所定の手術を受けたとき

脳卒中 被保険者が脳卒中を発病し、①②のいずれかに該当したとき。

①初めて医師の診療を受けたその日からその日を含めて60日以上言語障害などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師により診断されたとき

②脳卒中の治療を直接の目的として所定の手術を受けたとき

他の終身保険と比べても標準的な保障内容と言えるでしょう。ただ、急性心筋梗塞や脳卒中にある「60日以上」という設定は長いですね。

公益社団法人全日本病院協会によると、急性心筋梗塞による平均在院日数は15.7日です。

もちろん個人差がありますが、たいていの場合入院日数が長引くのは高齢化してからです。

そのときには、すでに保険料の支払いが完了している人も少なくないでしょう。そうなると三大疾病保障特約は付け損になってしまいます。

三大疾病保障特約があるのとないのでは安心感が違いますし、未来の自分が何の病気にかかるのか分かりません。

要らないとまでは言えませんが、本当に付ける必要があるのか考えておいた方が良いでしょう。

三大疾病の保障は医療保険など他の生命保険でまかなうという方法もあります。

三大疾病の保障をしてくれるのはありがたいですが保障内容は一般的なので★4です。

(5)要介護1以上と認定された場合などに介護一時金を受けとれる ★★★★★

「一生のお守り」では介護一時金特約があります。

介護一時金の支払事由は、大きく以下の3つです。

 支払事由 公的介護保険制度により要介護1以上と認定
満65歳未満の被保険者について所定の要介護状態が180日以上継続したと医師により診断確定
所定の高度障害状態に該当

この3ついずれかに該当すると介護一時金が受け取れます。

では、要介護1や所定の要介護状態、所定の高度障害状態とはどんな状態を指すのでしょうか。要介護1は「歩行が不安定で、食事や排せつなどの生活動作に部分的な介助が必要な状態」と定められています。

所定の要介護・高度障害状態の説明は約款に細かく書かれているので加入前に調べておきましょう。例えば、両眼の視力を全く永久に失った状態は高度障害に当たります。

支払事由の対象は広いので★5ですね。

(6)SOMPO健康生活サポートサービス ★★★★★

「一生のお守り」に加入すると受けることが可能です。

SOMPO健康生活サポートサービスでは、大きく「健康・医療相談」「人間ドック・検診」「日常生活」に関するサービスが提供されています。

「健康・医療相談」に関するサービスでは、病気に関する相談を電話で看護師や専門医療スタッフに聞くことができたり、さらにより専門的な相談の場合は医師とも話すことができます。

「人間ドック・検診」に関するサービスでは、提携医療施設の中から希望にあった施設の紹介や予約の代行、受診券の郵送をしてくれます。

「日常生活」に関するサービスでは、家事代行サービスの紹介や空き家などのセキュリティ関連商品を紹介してくれます。

今挙げたのはあくまで一例で、実際は、もっとたくさんのサービスを受けることができます。このサービスは「一生のお守り」に加入するだけでついてくるんです!

とてもお得ですね。

正直いらないサービスも多いですがあると便利なサービスもあります。

(7)介護一時金特約に加入するとサポートが増える ★★★★★

「一生のお守り」で介護一時金特約を付加すると、「SOMPO認知症サポート笑顔俱楽部」「介護サポートサービス」の2つのサービスが付いてきます。

「SOMPO健康生活サポートサービス」同様にいらないサービスもあります。

しかし、認知機能低下の予防サービスから介護まで幅広い情報を網羅した国内最大規模のプラットフォームが利用できたり、栄養管理士が設計したお弁当を自宅まで配達してくれるサービスもあります。

全部が必要ないサービスではないので価値はあります。

2.公式サイト・パンフレットの内容検証まとめ

公式サイト・パンフレットの内容検証は以下のようになりました。

(1)保障は一生涯。何歳で亡くなっても死亡保険金を受け取れる★★★☆☆

(2)解約返戻金をおさえた分、保険料は割安★★★☆☆

(3)掛け捨てではないので、解約返戻金が活用できる★★★☆☆

(4)三大疾病により所定の事由に該当した場合、以後の保険料支払い免除★★★★☆

(5)要介護1以上と認定された場合などに介護一時金を受けとれる★★★★★

(6)契約後にうれしいサービス★★★★★

(7)介護一時金特約に加入するとサポートが増える★★★★★

特約の充実度や契約後のサービスはさすがといえます。

 

3.公式サイト・パンフレットに載っていないデメリット

「一生のお守り」のデメリットは以下の3つです。

(1)保険料が高い

(2)解約返戻率が低い

(3)特約が多すぎて分かりずらい

それぞれ見ていきましょう。

(1)保険料が高い

繰り返しになってしまいますが「一生のお守り」の保険料はやはり高いと言わざるを得ません。

健康生活サポートサービスのことを考えると安く見えますが、より保険料が安い「こだわり終身保険v2」「E-終身」も同様なサービスを提供してくれています。

(2)解約返戻率が低い

これも繰り返しになってしまいましたが、「一生のお守り」の解約返戻率は低いです。

少なくとも解約返戻率目当てで加入する保険ではないですね。

解約返戻率を重視するならば、「こだわり終身保険v2」「終身保険RISE」を検討しましょう。

(3)特約が多すぎて分かりずらい

特約が多いのは一見メリットのように思えます。

確かに、高度障害時に死亡保険金が支払らわれたり、三大疾病にかかると保険料の支払いが免除される特約は契約を検討するべきでしょう。

しかし、それ以外の特約の多くは契約してもメリットが薄いものがほとんどです。特約をつけすぎて最初に聞いた保険料と全然違うということにもなりかねません。

特約の多さにつられて余計な特約を付けないようにすることも必要です。

 

4.「一生のお守り」の評価・口コミ

ぽいときにつかって

掛け捨ては嫌だが保険料は押さえたいという希望にピッタリ

わが家では子どもが生まれたり入学などの節目を機に数年ごとに保険の見直しをしています。

生活や育児、老後に備えてと保険は必要なものだと思うのですが、高額になりがちな保険料が家計を圧迫しては意味がありません。

そのような中での保障、保険金、解約金のバランスはしっかりと検討すべきポイントです。

いざとなったら保障があり、少しでも安い保険料でも掛け捨てではないというこの仕組みはまさに「一生のお守り」というにふさわしいものです。

何度もシミュレーションしてプランニングしてもらったのもとても有難かったです。

病気になっても安心な保険

この保険は本当におススメです。まず死亡した時は保険金が降りるのはもちろん、健康に過ごしたら老後の資金として銀行に預けるよりも良い金利で運用して貰うことが出来ます。何よりも他の保険と違うのは、癌や心筋梗塞などになった時に、保険料を一括で払った事にしてくれるという点です。もしもお金のかかる癌になった時は解約をして保険で費用を賄うことも出来るのです。これはあらゆる場面で備えられるので一つ入っておけば安心感が違います。

5.まとめ 

単に死亡保障だけではない幅広い保障を求める方にこの「一生のおまもり」をおすすめします。

ただもとの保険料が高く、さらに特約を付けると一層保険料が高くなってしまいます。

本当に必要な特約なのかよく考えて契約する必要があります。

生命保険にお金をかけたくない方にとっては向いてないでしょう。

PR

「一生のお守り」の解説・評価を行ってきましたが、これらはあくまで一般論です。

多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

「近くに保険ショップがないから自分には関係ない」と思った方もご安心ください。

ほけんのぜんぶ」は無料訪問相談を行っているので、近くに保険ショップがなくても自宅や勤務先でFPに相談できます。

さらに「ほけんのぜんぶ」は32社一斉比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんのぜんぶ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら保険相談+面談後アンケート回答でプレゼントがもらえるキャンペーンもやってますよ!