メディフィット定期は安いけどそれ以外は平均的!評判・口コミも紹介|メディケア生命

この記事では「メディフィット定期」の公式サイトで強調されている点を検証し、さらに公式サイトには載っていないデメリットも解説します!

評判・口コミも紹介しますよ!

「メディフィット定期」はメディケア生命が販売する定期保険(死亡保険)です。定期保険なので掛け捨てで、当然解約返戻金はありません。

「CMがうざい」と話題になったこともあり、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

公式サイトに載っている特徴は以下の3つです。

(1)業界最安水準の保険料

(2)選べる保険金額・保険期間

(3)安心の保障内容

それでは、それぞれ検証していきましょう。

 

1.公式サイトの内容検証

(1)業界最安水準の保険料 ★★★★★

「メディフィット定期」の保険料をシミュレーションしました。

保険期間10年

男性 500万円 1000万円 3000万円
20歳 544円 839円 2,017円
30歳 613円 977円 2,431円
40歳 1,048円 1,814円 5,041円
女性 500万円 1000万円 3000万円
20歳 380円 510円 1,030円
30歳 511円 772円 1,816円
40歳 814円 1,378円 3,634円

 

20代の保険料がかなり安くなっていますね。

年齢や性別、保険期間によって保険料は変化するので一概には言えませんが、保険料は業界最安水準と言えるでしょう。

楽天生命の「スイーパー定期保険」やチューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」、SBI生命の「クリック定期!Neo」は「メディフィット定期」より保険料が安くなることもあるのでチェックしてみてください。

 

(2)選べる保険金額・保険期間 ★★★☆☆

保険金額

20歳~49歳 500万円~3,000万円(100万円刻み)
50歳~70歳 300万円~3,000万円(100万円刻み)

保険期間

年満了 10年(最長80歳まで更新可)
歳満了 60歳、65歳、80歳

選べる保険金額、保険期間の幅は平均的ですね。

保険金額の平均は男性で1,793万円、女性で794万円〈生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(平成28年度)〉なので、多くの人にとっては保険金額の幅が500万円~3,000万円であれば十分と言えるでしょう。

しかし、5,000万円や1億円など、保険金額を高額にしたい方には「メディフィット定期」は不十分でしょう。

ライフネット生命の「かぞくへの保険」やSBI生命の「クリック定期!Neo」は保険金額を1億円まで設定することができるので、保険金額を高額にしたい方にはおすすめです。

定期保険は保険期間を長期間にする必要は基本無いので、「メディフィット定期」の保険期間は多くの人にとって十分でしょう。

長期間保険に加入したい方は、保険期間が一生涯の終身保険に加入するのも一つの手です。

しかし、終身保険は定期保険に比べて月払保険料がかなり高額なので、そこは気をつけなくてはなりません。

 

(3)安心の保障内容 ★★★★☆

「メディフィット定期」が強調している保障内容は以下の3つです。

①病気・事故・災害で死亡した場合も保険金額は同額。

②不慮の事故による障害により所定の障害状態になった場合、以後の保険料免除。

③所定の高度障害状態になった場合、生存中でも保険金を支払い。

最近の定期保険ではこれらの保障内容は一般的であり、特別「メディフィット定期」が優れているわけではありません。

もちろん、メリットに変わりはないですが。

 

2.公式サイトの内容検証まとめ

公式サイトで強調されている点の評価は以下のようになりました。

(1)業界最安水準の保険料 ★★★★★

(2)選べる保険金額・保険期間 ★★★☆☆

(3)安心の保障内容 ★★★★☆

保険料の安さは業界でも最安です!

保険金額や保険期間、保障内容も多くの人にとっては十分です。検討する価値ありでしょう。

 

3.公式サイトに載っていないデメリット

公式サイトに載っていないデメリットは以下の2つです。

(1)健康体割引がない

(2)無料でリビングニーズ特約が付かない

それぞれ見てみましょう。

 

(1)健康体割引がない

「メディフィット定期」には健康体割引がありません。健康体割引とは文字通り被保険者が健康体であると保険料が割引される制度のことです。

「メディフィット定期」の月払保険料は確かに業界最安値ですが、もしあなたが健康体ならもっと安い保険があるかもしれません。

健康体割引のある定期保険で代表的なものは、チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」とメットライフ生命の「スーパー割引定期保険」です。

健康に自信がある方は一度検討してみましょう!

 

(2)リビングニーズ特約が付かない

基本的に多くの定期保険は無料でリビングニーズ特約を付けることができますが、「メディフィット定期」はできません。

リビングニーズ特約とは、余命6か月以内と判断された場合、死亡保険金の一部または全額を生前に受け取ることができる特約のことです。

受け取ったお金は何に使ってもOKです!医療費に使うもよし、家族旅行に使うもよし、やりたいことをやっちゃいましょう。

リビングニーズ特約がないと生前にお金を受け取ることができません。これはデメリットとと言えるでしょう。

 

4.メディフィット定期の評判・口コミ

ぽいときにつかって

評判も良いみたいですね。

大手なので安心

インターネット専用の保険の中でも、保険料はかなり安い方だと思います。
大手なので安心感もあり、安いわりには保障内容も他社と大差は無いため個人的にはすごく良い保険だと感じます。
ただ、50歳を過ぎたあたりからは他社の保険と比べてダントツに安いという事は無くなり、非喫煙などの健康割引も無いので、どちらかと言えば若い人によりメリットのある商品と言えるかもしれません。

 

大手なので安心

インターネット専用の保険の中でも、保険料はかなり安い方だと思います。
大手なので安心感もあり、安いわりには保障内容も他社と大差は無いため個人的にはすごく良い保険だと感じます。
ただ、50歳を過ぎたあたりからは他社の保険と比べてダントツに安いという事は無くなり、非喫煙などの健康割引も無いので、どちらかと言えば若い人によりメリットのある商品と言えるかもしれません。

 

セットでの加入に向いている
保険料が安いのでこちらの保険を選びました。
3000万円以上の高額保障がない点は注意が必要ですが、自分にはそんな規模の保障は必要ないため全く問題ありません。
この保険以外に貯蓄を目的として終身保険にも加入しているので、いずれは定期の更新はせずに終身一本に切り替えます。
とにかく保険料が安いので、自分のように別の保険とセットで加入するのはアリだと思います。

 

5.メディフィット定期の総評価

「メディフィット定期」の強みは何と言っても保険料の安さです。とにかく、保障内容はシンプルでいいから保険料を安くしたいという方におすすめです。

しかし健康体割引がないため、健康な方にはもっと安い定期保険もあります。

また、リビングニーズ特約が付かないというデメリットはしっかりと覚えておきましょう。

 

PR

「メディフィット定期」の解説・評価を行ってきましたが、これらはあくまで一般論です。多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

「近くに保険ショップがないから自分には関係ない」と思った方もご安心ください。

ほけんのぜんぶ」は無料訪問相談を行っているので、近くに保険ショップがなくても自宅や勤務先でFPに相談できます。

さらに「ほけんのぜんぶ」は32社一斉比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんのぜんぶ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら保険相談+面談後アンケート回答でプレゼントがもらえるキャンペーンもやってますよ!

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。