「ネオdeしゅうほ」はプランが複雑!評判・口コミも紹介|ネオファースト生命

この記事では「ネオdeしゅうほ」の公式サイトとパンフレットで強調されている点を検証し、さらに公式サイトとパンフレットに載っていないデメリットを解説します!

評判・口コミも紹介しますよ!

「ネオdeしゅうほ」はネオファースト生命が販売する収入保障保険です。収入保障保険なので掛け捨てで、解約返戻金はありません。

公式サイトとパンフレットで強調されているのは以下の6点です。

(1)万一のときに保険期間満了まで年金を毎月受け取れる

(2)健康だと保険料が安くなる

(3)障害状態に備えられる

(4)三大疾病に備えられる

(5)リビングニーズ特約がある

(6)保険料の払込を免除する特約がある

それぞれ見ていきましょう。

1.公式サイト・パンフレットの内容検証

(1)万一のときに保険期間満了まで年金を毎月受け取れる ★★★☆☆

これは収入保障保険として当たり前の機能です。

保険期間中に契約者が亡くなってしまう、または所定の高度障害になった場合に、毎月決まった金額を保険期間満了まで受け取れるのが収入保障保険の基本なので。

定期保険との違いは「毎月」決まった金額を受け取れるという点ですね。定期保険は「一括」です。

また、受け取れる期間が保険期間満了までなので、受取総額は保険に加入してから時間が経てば経つほど少なくなります。

基本、残りの人生で必要なお金は歳をとるほど少なくなるので、合理的と言えるでしょう。

もちろん、その分保険料は定期保険より安いことが多いです。

「もし保険期間が残り2か月で被保険者が亡くなった場合、2か月分しか年金を受け取れないの?」と不安に思った方もいるかもしれません。

でも、安心してください。

収入保障保険には支払保証期間というものがあります。支払保証期間とは文字通り、年金が支払わる最低期間を保障したものです。

「ネオdeしゅうほ」では2年または5年から選択可能です。

例えば、年金月額を10万円、支払保証期間を2年にすると

10万×2年×12か月=240万円は最低でも受け取れます。

当然ですが、支払保証期間が5年の場合のほうが、2年の場合より保険料は高いです。

ちなみに「ネオdeしゅうほ」の契約年齢・年金月額・保険期間は以下の通りです。

契約年齢 20歳~70歳
年金月額 5万円~20万円(5万円刻み)
保険期間 60歳満了、65歳満了

契約年齢は一般的ですが、年金月額と保険期間の選べる種類は少ないですね。

年金月額と保険期間は年金の受取額に関わるので、かなり重要です。

 

(2)健康だと保険料が安くなる ★★★★☆

「ネオdeしゅうほ」には健康体割引があります。健康体割引とは文字どおり、被保険者が健康だと保険料が割引される仕組みのことです。

健康だと死亡するリスクが当然低くなるので、合理的な仕組みと言えるでしょう。

以下の基準を満たすかによって、保険料が変化します。

基準1 BMI:18以上27未満
基準2 血圧:以下の範囲内であること

契約年齢 最低血圧 最高血圧
20歳以上50歳未満 90mmHg未満 140mmHg未満
50歳以上 100mmHg未満 150mmHg未満
基準3(契約年40歳以上の場合) 血液中のGOT値:30U/L以下

※GOTとは「グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ」という、肝臓に多く含まれる酵素のことです。

基準1~3を満たしてかつ、過去1年以内にタバコを吸っていないと非喫煙健康体保険料率、基準1~3を満たすが、過去1年以内にタバコを吸っていると喫煙健康体保険料率、基準1~3を満たさないと標準体保険料率になります。

以下がまとめた表です。

基準1~3を満たす

過去1年以内にタバコを吸っていない

非喫煙健康体保険料率
基準1~3を満たす

過去1年以内にタバコを吸った

喫煙健康体保険料率
基準1~3を満たさない 標準体保険料率

どれだけ保険料が変化するのかシミュレーションしました。

年金月額:15万円 保険期間:60歳 年金支払保証期間:2年

男性

非喫煙健康体保険料率 喫煙健康体保険料率 標準体保険料率
20歳 3,046円 4,053円 4,896円
30歳 2,746円 3,685円 4,651円
40歳 2,632円 4,133円 4,714円

女性

非喫煙健康体保険料率 喫煙健康体保険料率 標準体保険料率
20歳 1,800円 3,585円 3,667円
30歳 1,985円 3,649円 3,776円
40歳 2,195円 3,387円 3,639円

20代女性では、なんと非喫煙健康体保険料率が標準体保険料率の半額以下になっていますね。

非喫煙健康体保険料率の保険料は安いと言えるでしょう。逆に、標準体保険料率の保険料はかなり高いです。

基準を満たせず、タバコを吸っている方は他の保険を検討した方が良いですね。

 

(3)障害状態に備えられる ★★★★☆

「ネオdeしゅうほ」は障害収入保障特則または高度障害収入保障特則を付加することができます。

障害収入保障特則 被保険者が身体障害福祉法に定める1級~3級の障害に該当し、身体障害者手帳の交付があったとき、障害収入保障年金を保険期間満了まで受け取れる。

また、以後の保険料の払い込みは不要。

高度障害収入保障特則 被保険者が所定の高度障害状態に該当したとき、高度障害収入保障年金を保険期間満了まで受け取れる。

また、以後の保険料の払い込みは不要。

障害収入保障特則の条件は、公的な身体障害者認定基準にのっとっていますが、高度障害収入保障特則はネオファースト生命の基準にのっとります。

付加した場合の保険料を見てみましょう。

年金月額:10万円 保険期間:60歳 年金支払保証期間:2年

特定疾病保険料払込免除特約(2018):なし 特定疾病収入保障特則(2018):あり  非喫煙者健康体保険料率 30歳 男性

障害収入保障特則あり 高度障害収入保障特則あり
5,073円 5,510円

あくまでこれは一例ですが、基本的に高度障害収入保障特則を付加すると障害収入保障特則を付加するより、約400円~1,000円ほど保険料が高くなります。

年金支払い条件をよく理解して、特則を選びましょう。もちろん、どちらも付加しないという選択肢も有りです。

 

(4)三大疾病に備えられる ★★★☆☆

「ネオdeしゅうほ」には特定疾病収入保障特則(2018)があります。

特定疾病収入保障特則を付加すると、被保険者が「所定のがん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」によいり所定の事由に該当したとき、特定疾病収入保障年金を保険期間満了まで受け取れます。

また、以後の保険料の払込みは不要です。

所定の事由

がん 初めて医師に所定のがん(悪性新生物)と診断されたとき(上皮内がんは含まない)
急性心筋梗塞
急性心筋梗塞の治療を目的として、継続20日以上の入院をしたとき 治療を直接の目的として、病院または診療所で手術を受けた時
脳卒中上皮内がんは含まない
脳卒中の治療を目的として、継続20日以上の入院をしたとき 治療を直接の目的として、病院または診療所で手術を受けた時

上皮内がんを含まないのはデメリットですね。上皮内がんとは、一般的ながん(悪性新生物)になる手前の状態のことです。

上皮内がんを含まないということは、早めに上皮内がんを発見しても年金を受け取れないということになります。

上皮内がんは手術すれば基本完治し、再発の可能性もほとんどないので年金を受け取れず保険期間が終了する可能性もあるでしょう。

もちろん、早めに上皮内がんを発見し完治するのは良いことですが「上皮内がんも含まれる保険に加入しておくべきだった」と後悔しても、その時にはもう遅いです。

上皮内がんを含む収入保障保険で代表的なのはT&Dフィナンシャル生命の「家計にやさしい収入保障」やメディケア生命の「メディフィット収入保障」が挙げられます。

上皮内がんを含んだほうが安心と思う方は検討するのも良いでしょう。

付加した場合の保険料は以下の通りです。

年金月額:10万円 保険期間:60歳 年金支払保証期間:2年 特定疾病保険料払込免除特約(2018):なし 障害収入保障特則:あり 非喫煙者健康体保険料率 30歳 男性

特定疾病収入保障特則(2018)なし 特定疾病収入保障特則(2018)あり
2,820円 5,510円

あくまでこれは一例ですが、基本的に特定疾病収入保障特則(2018)を付加すると、2,500円ほど保険料が高くなります。

上皮内がんは含まないで、この値段は正直高いですね。

 

(5)リビングニーズ特約がある ★★★★☆

リビングニーズ特約とは、余命6か月以内と判断されたとき、生存中でも前払いで保険金を支払ってくれる制度です。

支払われたお金は何に使ってもOK。

医療費や治療費に使うもよし、旅行費に使うもよしです!自分の好きなように使いましょう。

リビングニーズ特約は多くの保険についているので、特別「ネオdeしゅうほ」が優れているというわけではありません。

しかし、メリットであると言えるでしょう。

 

(6)保険料の払込を免除する特約がある ★★★★☆

「ネオdeしゅうほ」には特定疾病保険料払込免除特約(2018)があります。

特定疾病保険料払込免除特約(2018)を付加すると、被保険者が特定疾病により所定の事由に該当したとき、以後の保険料の払込は不要になります。

所定の事由は以下のⅠ型~Ⅲ型の中から選択可能です。

Ⅰ型 Ⅱ型 Ⅲ型
がん がん がん

上皮内がん

がん

上皮内がん

心疾患 急性心筋梗塞 急性心筋梗塞 急性心筋梗塞

心疾患

脳血管疾患 脳卒中 脳卒中 脳卒中

脳血管疾患

※主契約の責任開始日からその日を含めて90日以内にがんと診断確定された場合、保険料払込免除の対象になりません。

Ⅲ型を付加した場合の保険料は以下の通りです。

年金月額:10万円 保険期間:60歳 年金支払保証期間:2年 特則:なし 非喫煙者健康体保険料率 30歳 男性

特定疾病保険料払込免除特約(2018)なし 特定疾病保険料払込免除特約(2018)あり
1,813円 1,906円

あくまでこれは一例ですが、基本的に特定疾病保険料払込免除特約(2018)を付加すると、100円~500円ほど保険料が高くなります。

 

2.公式サイト・パンフレットの内容検証まとめ

公式サイト・パンフレットの内容検証は以下のようになりました。

(1)万一のときに保険期間満了まで年金を毎月受け取れる ★★★☆☆

(2)健康だと保険料が安くなる ★★★★☆

(3)障害状態に備えられる ★★★★☆

(4)三大疾病に備えられる ★★★☆☆

(5)リビングニーズ特約がある ★★★★☆

(6)保険料の払込を免除する特約がある ★★★★☆

悪くはないですが、特別優れた点があるわけではないですね。

 

3.公式サイト・パンフレットに載ってないデメリット

「ネオdeしゅうほ」のデメリットが以下の3つです。

(1)手続きが面倒

(2)プランが複雑

(3)女性向けののプランが少ない

それぞれ見ていきましょう。

(1)手続きが面倒

最近ネットで加入できる保険が増えていますが、「ネオdeしゅうほ」はできません。

また、申し込む際、健康診断書および告知書を提出しなくてはいけません。非喫煙健康体保険料率で申し込む場合、ネオファースト生命所定の検査も必要となります。

そのため、加入するのが少し面倒と感じる人もいるでしょう。

しかし、保険は大きな買い物なので加入が楽かどうかではなく、自分に合っているかどうかで決めましょう。

 

(2)プランが複雑

ここまで読んだ方ならわかると思いますが、「ネオdeしゅうほ」のプランは複雑です。付加できる特則が多すぎるのも考えものですね。

自分だけで全ての特則が必要かどうか判断するのは難しいかもしれません。

そんなときは、保険のプロに相談するのが良いでしょう。

 

(3)女性向けののプランが少ない

「ネオdeしゅうほ」では男性に比べて、女性は選べるプランの数が少ないです。

パンフレットのP.21・P.22を見れば分かりますが、加入できる年齢の幅が男性より10年ほど短くなっているのです。

これは女性にとって大きなデメリットと言えるでしょう。

 

4.「ネオdeしゅうほ」の評判・口コミ

ぽいときにつかって

三大疾病のオプションは○。けど高い。

 

この保険にしようと決めたきっかけは、単純にホームページがシンプルで見やすかったからです。

もちろんそれだけで申し込んだわけではありませんが、個人的に興味を持ったのは三大疾病に備える特則で、払込免除になる条件が他社よりも緩いという点です。

(30日以上働けない状態だと診断されたら適用になるのですが、他社は60日以上のところが多い。)

ただこのオプション、つけたら保険料が倍くらいになる・・・。

てことで、結局そのオプションは付けずに安さ重視のシンプルなプランで契約しました。

三大疾病のオプションを付けなかったらぐんと安くなります。

強みは三大疾病への備え。一方で落とし穴も。

 

非喫煙優良対として加入しました。

単なる死亡保険のみとして加入してもかなり安め。(ひまわり、メディケアと並ぶ高水準)

ですが最大の特徴は三大疾病収入保障特則といい、HP記載の状態になれば死亡時と同様に毎月保険金が受け取れます。

 

通常の医療保健になると、治療が終われば大抵お金もおりなくなりますが、この保険の場合はなった時点で保険が終わるまでは例え治ろうとも、治療が続こうとも亡くなられようとももらえます。

特に脳卒中などは治療終わろうとも障害等残る可能性が高いため、かなり心強い保障です。

 

血圧の基準がちょっと優しい

 

健康体でタバコを吸わない人の保険料が安くなるというのはよく聞きますが、だいたいの保険が血圧とBMI値に条件があります。

ネオdeしゅうほの場合は最高血圧140未満、最低血圧90未満を範囲内としてくれるため、

血圧の高めな私でも基準をクリアできました。

そのため保険料も安くなり、無理なく支払いが出来ています。

 

5.「ネオdeしゅうほ」の総評価

悪い保険ではないですが、特別おすすめするような保険ではないというのが総評価ですね。

特則を付加せず、非喫煙健康体保険料率だと月払保険料は安いですが、特則をつけると一気に保険料が高くなります。

死亡に備える保険というより、三大疾病に備える保険に見えますね。

 

保険の無料相談・見直し

ここまで解説してきましたが、これらはあくまで一般論です。多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

ほけんスタジオ」は無料相談を行っているので、行って損はないでしょう。

さらに「ほけんスタジオ」はたくさんの保険会社を比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんスタジオ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら「ほけんスタジオ」を通して保険に加入することで商品券1万円がもらえるキャンペーンもやってますよ!