【終身保険】「ネオdeとりお」は三大疾病の保障が特徴!評判・口コミも紹介|ネオファースト生命

この記事では「ネオdeとりお」の公式サイトで強調されている点を検証し、さらに公式サイトには載っていないデメリットも解説します!

評判・口コミも紹介しますよ!

「ネオdeとりお」はネオファースト生命が販売する終身保険(死亡保険)です。

三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の保障に長けているのが「ネオdeとりお」の特長です。

以前は女優の二階堂ふみさんがCMをしていたこともあります。

公式サイトに載っている特徴は以下の3つです。

(1)死亡時だけではなく三大疾病にも備えられる

(2)掛け捨てではない一生涯の保障を準備

(3)1年間たばこを吸っていない方の保険料は割引

それぞれ見ていきましょう。

 

1.公式サイトの内容検証

(1)死亡時だけではなく三大疾病にも備えられる ★★★★☆

「ネオdeとりお」は終身保険なので死亡保障はもちろんありますが、三大疾病に対しての保障が手厚くなっています。

がん 初めてがんと診断された場合
急性心筋梗塞 ・30日以上労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき。

・所定の手術をうけたとき

脳卒中 ・30日以上労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき。

・所定の手術をうけたとき

上記の場合、特定疾病保険金として死亡保険金額と同額の金額が振り込まれます。

急性心筋梗塞や脳卒中の”30日以上”という数字は短い方です。他の終身保険で同じような特約をつけても”60日以上”や”90日以上”となることがほとんどなので。

また、上皮内新生物保障特則を付ければ基本保障外の上皮内がんに対しても特定疾病保険金が支払われるようになります。

三大疾病の入院平均日数は多くても1ヶ月前後の場合が多いため”60日以上”という設定であれば保障を受けられない可能性もあります。

”30日以上”と”60日以上”とでは考えるより大きな差があります。

 

(2)掛け捨てではない一生涯の保障を準備★★☆☆☆

「ネオdeとりお」は終身保険ですので、途中で解約しない限り保障は一生涯続きます。

終身保険ですので当たり前といえば当たり前です。

また「ネオdeとりお」は解約返戻金があります。掛け捨ての終身保険ではないです。

しかし、解約返戻率は低く100%は超えません。

解約返戻金目的で契約する終身保険ではないですね。

 

(3)1年間たばこを吸っていない方の保険料は割引 ★★★★☆

「ネオdeとりお」には過去1年間以内にたばこをすっていない方への割引があります。

30歳男性 保険料支払い期間:終身 保険金額:500万円

非喫煙者割引あり 非喫煙者割引なし
8,855円 10,170円

約14%引きです。これはかなり良い割引率ですね。

30歳男性 保険料支払い期間:60歳満了 保険金額:500万円

非喫煙者割引あり 非喫煙者割引なし
13,865円 14,320円

約3%引きです。あまり良くない割引率ですね。

このように契約の仕方によって割引率が大きく変わります。

非喫煙者の方は契約する際は、割引率が大きくなるように考える必要がありますね。

 

2.公式サイトの内容検証まとめ

公式サイトの内容検証は以下のようになりました。

(1)死亡時だけではなく三大疾病にも備えられる ★★★★☆

(2)掛け捨てではない一生涯の保障を準備★★☆☆☆

(3)1年間たばこを吸っていない方の保険料は割引 ★★★★☆

契約の仕方や契約後の状況によっては良い保険になります。

 

3.公式サイトに載ってないデメリット

公式サイトに載っていないデメリットは以下の3つです。

(1)保険料が高い

(2)上皮内新生物保障特則を付ける場合死亡保険金額は300万円まで

(3)高度障害への保障がない

それぞれ見ていきましょう。

 

(1)保険料が高い

人気の終身保険と比較します。

30歳 保険期間:終身  保険金額:1,000万円

男性 月払保険料
こだわり終身保険v2(マニュライフ生命) 11,860円(非喫煙者割引)
終身保険RISE[ライズ](オリックス生命) 12,710円
終身保険(アクサダイレクト生命) 14,620円
かしこく備える終身保険(アフラック) 15,080円(非喫煙者割引)
未来の自分が決める保険 WAYS(アフラック) 20,870円(65歳変更タイプ)

これに対して、「ネオdeとりお」の保険料は以下の通りです。

30歳男性 保険料支払い期間:終身 保険金額:500万円

非喫煙者割引あり 非喫煙者割引なし
8,855円 10,170円

一見「ネオdeとりお」の方が安く見えますが、上の5つの終身保険は保険金額1,000万円に対し、「ネオdeとりお」の保険金額は500万円です。

保険料が高いと言わざるを得ません。

 

(2)上皮内新生物保障特則を付ける場合死亡保険金額は300万円まで

「ネオdeとりお」には上皮内新生物保障特則があります。

この特則を付けることによって一般的な終身保険では保障されない上皮内がんに対しても保険金がおりるようになります。

しかし、上皮内新生物保障特則を付けると死亡保険金額は最大300万円までしか設定できなくなります。

優れている特則だけに惜しいですね。

 

(3)高度障害への保障がない

「ネオdeとりお」には死亡時と三大疾病になったときに対しての保障しかありません。

もちろん、三大疾病が原因で高度障害になった場合には保険金が受け取れますが他の原因で高度障害になっても保険金は受け取れません。

多くの終身保険に高度障害に対する保障があるので、悩むポイントになりますね。

 

4.「ネオdeとりお」の評判・口コミ

ぽいときにつかって

3大疾病時の金銭的不安が少ないです。

3大疾病時に所定の状態になれば死亡保険金と同額が支給されます。自分は遺伝的にもがんの可能性もあり、また家族の事を考えてもがんで働けなくなった時のダメージが大きく、これは非常に助かります。また先進医療などを受ける場合も治療費の心配が全くないというのも安心できます。
更にタバコを吸わない自分は保険料の割引が受けられました。
ただ、保険料が高い。。保証が充実しているのでやむを得ませんが。また解約返戻金も低く、期待しない方がいいでしょう。

引用元:ネオファースト生命「ネオdeとりお」(円建て終身保険)の口コミ・評判(みん評)

高度障害の保障がない

3大疾病に対応したシンプルな内容が気に入って加入したのですが、この保険には高度障害への保障がありません。他社の同じような商品では3大疾病に加えて高度障害も対象となっていたので、もう少し色々みてから保険に加入すれば良かったと思います。

やはり高度障害の保障がないことに不安が残る方もいるようです。

5.まとめ 三大疾病への保険として考えるのが良い

「ネオdeとりお」は終身保険ですが、三大疾病に対する医療保険のように考えると良いかもしれません。

三大疾病用の保険を「ネオdeとりお」でまかない、死亡保障を他の保険料が安い終身保険で補うようにすれば、三大疾病にも死亡時にも手厚い保障が受けられるようになります。

「ネオdeとりお」の保険料は高めなので、「終身保険ライズ」「こだわり終身保険v2」のような保険料ができるだけ安い保険を選ぶと良いでしょう。

PR

「ネオdeとりお」の解説・評価を行ってきましたが、これらはあくまで一般論です。

多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

「近くに保険ショップがないから自分には関係ない」と思った方もご安心ください。

ほけんのぜんぶ」は無料訪問相談を行っているので、近くに保険ショップがなくても自宅や勤務先でFPに相談できます。

さらに「ほけんのぜんぶ」は32社一斉比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんのぜんぶ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら保険相談+面談後アンケート回答でプレゼントがもらえるキャンペーンもやってますよ!