「ニッセイ学資保険」のメリット・デメリットを解説!評判・口コミも紹介|日本生命

この記事では、「ニッセイ学資保険」の公式サイトに書かれている特徴を検証し、公式サイトに書かれていないデメリットも解説します。

評判・口コミも紹介しますよ!

まず、ニッセイ学資保険の公式サイトに書かれている特徴は、下の5点です。

(1)大学の教育資金を計画的に準備できる
(2)払った保険料より大きな資金を受け取れる
(3)契約者が死亡した場合、その後の保険料支払いは不要
(4)「育児相談ほっとLINE」で、24時間365日相談無料
(5)祝金をもらう回数を2通りのプランから選べる

それぞれ見ていきましょう。

学資保険の無料相談
学資保険の無料相談なら【ほけんガーデン プレミア】

1.公式サイトの内容検証

(1)大学の教育資金を計画的に準備できる ★★★☆☆

これは「学資保険なら当たり前」の内容です。確かに「学資保険のメリット」ではありますが「ニッセイならではのメリット」ではありません。

もちろん、内容自体は良いといえます。「特に計画的に資金を貯めるのが苦手」という自覚のあるご夫婦にとっては良い点でしょう。ただ「どの保険でも同じ」なのは確かです。

(2)払った保険料より大きな資金を受け取れる ★★★★☆

これはなかなか良い点です。しかし、実は他の学資保険でもこのパターンは多く見られます。たとえば、当サイトで紹介しているものではソニー生命の「学資保険」や明治安田生命の「つみたて学資」などです。

「より大きな金額が戻ってくる」ということ自体は、確実にメリットといえます。ただ「それほど珍しい内容でない」ということも意識しておいてください。

シミュレーション

公式サイトに書かれている支払い例を元に、どれくらいの金額が戻ってくるのかをシミュレーションしましょう。

ニッセイ学資保険には2つのプランがありますが、その両方で「月・年の保険料はいくらか」「返戻率はいくらになるか」をまとめた表です。

プラン 月払保険料 年払保険料 返戻率
こども祝金なし型 13,350円 159,560円 約104.4%
こども祝金あり型 16,300円 194,820円 約102.6%

このように、2.6~4.4%増えたお金が戻ってくるわけですが、この返戻率は決して悪くない数字です。ただ、もっと返戻率が高い学資保険もあります。

(3)契約者が死亡した場合、その後の保険料支払いは不要 ★★★★☆

契約者は多くの家庭で「父親」になりますが、たとえば父親が亡くなってしまった場合、それ以後の保険料を支払う必要はありません。

また、約束されていた各進学段階での祝金については、その状態でももらえます。つまり「死んだら、それ以後の保険料は払わなくていい」「祝金はもらえる」ということです。

これも万が一のことを考えると良いシステムといえます。ただやはり「他の学資保険でも見られる設定」です。

むしろ、他の学資保険では「高度障害」のケースも含まれます。ニッセイ学資保険で高度障害も対象になるかは、公式サイトでは明記されていません。

一般的には対象になるものですが、この点は申し込みの段階でよく確認する必要があります。

(4)「育児相談ほっとLINE」で、24時間365日相談無料 ★★★★☆

ニッセイ学資保険ならではのサービスとして「育児相談ほっとライン」というものも用意されています。これは、365日24時間、お子さんの健康や病気について、小児科医などの専門家に相談できるというものです。

たとえば「夜中に急に発熱した」「アレルギーを疑われる症状が起きた」などのケースで相談できるとされています。また、医師だけでなく管理栄養士への相談も可能です。

相談はどちらの専門家も予約制となっており、相談できる時間は15分程度です。やや短めではあるものの、無料で相談したい症状などがある場合には、役立つケースもあるでしょう。

(5)祝金をもらう回数を2通りのプランから選べる ★★★★☆

ニッセイ学資保険では、祝金を「どれだけの回数もらうか」を選べます。プラン名でいうと、下の2つの型に分かれています。

・こども祝金なし型
・こども祝金あり型

1つ目の「なし型」は、18歳になるまで祝金がありません。長く待つ分、多くのお金をもらえます。返戻率は約104%となっています。

2つ目の「あり型」は、18歳になる前に3回、祝金をもらえます。5歳・11歳・14歳という3回です。18歳以後にもらえる回数も「なし型」と同じです。単純にもらえる回数が3回多くなるわけです。

回数が多いのはいいことですが、その分戻ってくるお金は少なくなります。返戻率は約102.2%です。「なし型」と比べると、1.8%少なくなります。

どちらにしても、最終的に「払ったお金より多くのお金をもらえる」ことは共通しています。

2.公式サイトの内容検証まとめ

公式サイトの内容検証は以下のようになりました。

 

(1)大学の教育資金を計画的に準備できる ★★★☆☆

(2)払った保険料より大きな資金を受け取れる ★★★★☆

(3)契約者が死亡した場合、その後の保険料支払いは不要 ★★★★☆

(4)「育児相談ほっとLINE」で、24時間365日相談無料 ★★★★☆

(5)祝金をもらう回数を2通りのプランから選べる ★★★★☆

 

一番の特徴は「返戻率が学資保険の中ではやや高めのグループに入る」ということです。「とにかく多くのお金が戻って来る学資保険がいい」という場合は、検討の価値があるでしょう。

また、「育児相談ほっとライン」については、「普通に小児科に行けばいい」と考える方にとっては不要かと思います。しかし、たとえば郊外に住んでいて近くに病院がない場合など、このようなサービスがあると嬉しいということもあるでしょう。

総合的には悪い商品でないため、学資保険の積み立てを今から行う余裕のある家庭なら、加入を検討してみてもいいでしょう。反面、これから説明するようなデメリットや注意点もあります。これを見た上で「それでも魅力的」と感じる方は、加入を検討してみてもいいでしょう。

3.公式サイトに載っていないデメリット

ニッセイ学資保険は決して悪くない保険ですが、デメリットも当然あります。まとめると以下の3点です。

(1)契約者が高度障害になったときのルールが不明
(2)現状の資金繰りに余裕がなければ加入は厳しい

それぞれ見ていきましょう。

(1)契約者が高度障害になったときのルールが不明

ニッセイ学資保険では、契約者が「死亡してしまったとき」のルールは明記されています。「以後の保険料は不要」ということです。

しかし「高度障害」については書かれていません。いわゆる寝たきりや植物人間状態になってしまった場合ですが、その場合のルールは公式サイトに明記されていないのです。

おそらく支払いは不要になると思われます。ただ、他の学資保険ではこのルールも明記されていることが多いものです。

そう考えると、少々説明が不十分という印象はあります。契約を検討する際は、この点も問い合わせで確認してから考えましょう。

(2)現状の資金繰りに余裕がなければ加入は厳しい

これはニッセイ学資保険だけでなく、学資保険すべてに言えることです。最終的に「払ったお金は全額戻ってくる」ので、学資保険は決して損ではないのです。

「計画的に積み立てをできる」「2~4%増えて戻ってくる」という点では、明らかにメリットしかないと考える人もいるでしょう。

ただ、これは現状で「問題なく支払いができる」という余裕がある家庭だけです。今の支払いで精一杯の場合、このような保険に加入する余裕はありません。

結局「適度な運動」や「十分な睡眠」などもそうですが、メリットしかないことも「それをやる余裕があるか」が重大な焦点となります。目先のお金が不足している家庭にとっては「今から積み立てが必要」というのは、それ自体が「デメリット」となるでしょう。

4.「ニッセイ学資保険」の評判・口コミ

ぽいときにつかって

■短期間の払い込みを考えている方におすすめです
単純に返済率だけを見れば他社で高い商品もあったのですが、払込期間によって一番メリットの大きかったのが「ニッセイ学資保険」だったので選びました。
(中略)
払い込み終了後にマイホームの購入も余裕をもって考えることができたので、計画的に貯蓄できました。

■アフターフォローが充実しています。
この保険には、「育児相談ほっとライン」というサービスがついているのですが、赤ちゃんが急に離乳食を吐いてしまった際に、すぐに専門のスタッフに電話したところ、気管に吐いたものが詰まらせないようアドバイスをいただき、非常に助かりました。(後略)

 

5.「ニッセイ学資保険」の総評価

総合的には、ニッセイ学資保険は悪い商品ではありません。ただ、ほっとLINEなど「不要なサービス」もあるため、それで保険料が高くなっている可能性も否めません。

契約者が高度障害になった場合もルールなど、確認が必要な部分も多いため、契約にあたっては他の保険との比較を十分にしましょう。

保険の無料相談・見直し

ニッセイ学資保険について解説してきましたが、これらはあくまで一般論です。多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度学資保険のプロに相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

【ほけんガーデン プレミア】」は無料訪問相談を行っているので、近くに保険ショップがなくても自宅や勤務先でプロに相談できます。
ちなみに、今なら無料相談でプレゼントがもらえるキャンペーンもやってますよ!