【終身保険】「ライズ・サポート・プラス」は引受基準が緩い!評判・口コミも紹介|オリックス生命

この記事では「ライズ・サポート・プラス」の公式サイトとパンフレットで強調されている点を検証し、さらに公式サイトとパンフレットに載っていないデメリットを解説します

評判・口コミも紹介しますよ!

「ライズ・サポート・プラス」はオリックス生命が販売する引受基準緩和型終身保険(生命保険)です。

 

公式サイトとパンフレットで強調されているのは以下の6点です。

(1)持病や入院・手術経験のある方が入りやすい終身保険

(2)死亡保障が一生涯続く

(3)掛け捨てではなく、解約返戻金がある

(4)保険金額をニーズに合わせて選べる

(5)余命6ヶ月以内と判断されたとき、生存中に保険金を支払う

(6)重い障害状態に該当したとき、以後の保険料の支払いは免除

それぞれ見ていきましょう。

1.公式サイト・パンフレットの内容検証

(1)持病や入院・手術経験のある方が入りやすい終身保険★★★★☆

「ライズ・サポート・プラス」は以下の3つの質問に全て「いいえ」であれば申し込むことができます。

質問1 最近3ヶ月以内に、医師から入院・手術・検査のいずれかをすすめられたことがありますか。
質問2 過去2年以内に、病気やケガで入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか。
質問3 過去5年以内に、がんまたは上皮内新生物・肝硬変・統合失調症・認知症・アルコール依存症で、医師の診察・検査・治療・投薬のいずれかをうけたことがありますか。

比較的クリアしやすい質問内容になっています。引受基準緩和型保険の中でも入りやすいです。

「ライズ・サポート・プラス」の質問内容には、糖尿病や脳梗塞など他の引受基準緩和型保険では制限されるような病気がありません。

他の引受基準緩和型保険に加入できず、終身保険の加入を諦めていた方も加入できるかもしれません。

 

(2)死亡保障が一生涯続く ★★★★☆

「ライズ・サポート・プラス」は終身保険です。死亡保障が一生涯続くのは当たり前のことですね。

また、「ライズ・サポート・プラス」では引受基準緩和型保険にありがちな契約して1年以内に病死した場合に死亡保険金が減額されるという制約がありません。

契約して1年以内に病死した場合でも死亡保険金を満額で受け取れます。

ただ、災害死亡時の場合に上乗せはありません。

危険な仕事をしている方で、災害死亡時の保障を主に考えている方は「ずっとスマイル」(メットライフ生命)などの災害死亡時に保険金が上乗せされる保険をおすすめします。

(3)掛け捨てではなく、解約返戻金がある★★★☆☆

「ライズ・サポート・プラス」には、解約返戻金が用意されています。

しかし「ライズ・サポート・プラス」は、保険料支払い期間中の解約返戻率が低いようになっています。

そのため、保険料支払い期間中に解約した場合は、あまり解約返戻金がないことに注意してください。

シミュレーションしました。

男性 契約年齢50歳 保険料支払い期間:終身 月払保険料:3,726円 保険金額:100万円

経過年数 総支払い保険料 解約返戻金 解約返戻率
5年 223,560 96,220円 約43%
10年 447,120 199,000円 約45%
20年 894,240 380,430円 約43%

 

(4)保険金額をニーズに合わせて選べる★★★★★

「ライズ・サポート・プラス」の死亡保険金額は最低100万円から最高1,500万円まで100万円単位で設定できます。

引受基準緩和型終身保険の死亡保険金額は最高500万円までと低く設定されていることが多いです。

引受基準緩和型終身保険で、1,500万円まで設定できるのはなかなかありません。

契約年齢 最低保険金額 最高保険金額
20歳~39歳 200万円 1,500万円
40歳~49歳 200万円 1,000万円
50歳~85歳 100万円 1,000万円

ただ上表の試算結果のように、契約年齢によって細かく保険金額の幅が変わることに注意してください。

(5)余命6ヶ月以内と判断されたとき、生存中に保険金を支払う★★★☆☆

いわゆるリビングニーズ特約と言われるものです。

支払われたお金は何に使ってもOK。

医療費や治療費に使うもよし、旅行費に使うもよしです!自分の好きなように使いましょう。

リビングニーズ特約は多くの保険についているので、特別「ライズ・サポート・プラス」が優れているというわけではありません。

しかし、リビングニーズ特約があるのはメリットであると言えるでしょう。

(6)重い障害状態に該当したとき、以後の保険料の支払いは免除★★★★★

不慮の事故により、所定の身体障害の状態または高度障害状態に該当した場合、以後の保険料の支払いは免除されます。

このような保険料支払い免除制度は、引受基準緩和型終身保険では無いことも多いです。

 

2.公式サイト・パンフレットの内容検証まとめ

他の引受基準緩和型終身保険と比較して★を付けました。

(1)持病や入院・手術経験のある方が入りやすい終身保険★★★★☆

(2)死亡保障が一生涯続く★★★★☆

(3)掛け捨てではなく、解約返戻金がある★★★☆☆

(4)保険金額をニーズに合わせて選べる★★★★★

(5)余命6ヶ月以内と判断されたとき、生存中に保険金を支払う★★★☆☆

(6)重い障害状態に該当したとき、以後の保険料の支払いは免除★★★★★

「ライズ・サポート・プラス」は引受基準緩和型にも関わらず比較的一般的な終身保険に近い保障内容となっています。

3.公式サイト・パンフレットに載っていないデメリット

デメリットにつかって

公式サイト・パンフレットに載っていないデメリットは以下の2つです。

(1)保険料の高い

(2)総支払い保険料が死亡保険金額を上回る可能性あり

それぞれ見ていきましょう。

(1)保険料が高い

これは引受基準緩和型保険の宿命といえますね。

50歳 男性 保険料支払い期間:終身

死亡保険金額 月払保険料
100万円 3,726円
200万円 7,452円
300万円 11,178円

50歳 女性 保険料支払い期間:終身

死亡保険金額 月払保険料
100万円 2,930円
200万円 5,860円
300万円 8,790円

一般的な終身保険と比べると、決して安くはない保険料となっています。

次に他の引受基準緩和型終身保険と比較してみましょう。

50歳 男性 死亡保険金額:200万円 保険料支払い期間:終身

保険名 月払保険料
持病があっても!終身(FWD富士生命) 7,304円
ライズ・サポート・プラス 7,452円
ずっとスマイル(メットライフ生命) 7,762円

 

50歳 女性 死亡保険金額:200万円 保険料支払い期間:終身

保険名 月払保険料
ライズ・サポート・プラス 5,860円
ずっとスマイル(メットライフ生命) 5,980円
持病があっても!終身(FWD富士生命) 6,014円

引受基準緩和型終身保険の中では、標準的な保険料となっています。

(2)総支払い保険料が死亡保険金額を上回る可能性あり

「ライズ・サポート・プラス」では場合によって、総支払い保険料が死亡保険金額を上回る可能性があります。

つまり、損するということです。

例えば、55歳男性で死亡保険金額200万円コースに申し込んだとします。

その場合、約25年つまり80歳ごろまで保険料を支払い続けると、総支払い保険料が死亡保険金額の200万円を越します。

ただ、「ライズ・サポート・プラス」には解約返戻金が用意されています。

総支払い保険料が死亡保険金額を上回るまで長い間保険料を支払っている場合は、保険を解約して解約返戻金を受け取ることも考えた方がいいでしょう。

 

4.「ライズ・サポート・プラス」の評判・口コミ

ぽいときにつかって

普通では保険に入れない人も入れる可能性があります。

良い点は、持病や手術の経験がある場合でも加入しやすい事です。自分は以前痔の手術をしたのが原因で、保険に加入できず不安を持ってましたが加入する事が出来ました。

また死亡保険金が200万円から小刻みな額で設定できます。自分の場合は余裕がなく、300万円を選択しましたが、おかげで低い保険料で抑える事が出来ましたし、加入できるだけで不安も解消できました。

通常の終身保険と比較すると1割ほど高いですが、やむをえない面もあります。

終身保険に加入できるのとできないのでは、安心感が違うようです。

余命半年との診断で保険金が支給されます。

良い点は、持病があっても比較的入りやすく、余命6カ月との診断時には保険金が払われる事です。持病もちでその可能性も十分にあり助かります。また保険金額も200万円から100万円刻みで選べます。実際自分は途中から状況の変化などもあり、300万円に変更できました。これは便利で助かります。注意点は契約日から1年以内に病死すると通常の保険金の半額しかもらえない点です。また他の終身保険と比較すると保険料が割高ですし、健康状態によっては加入できない場合もあります

リビングニーズ特約に満足している人も見られました。

5.「ライズ・サポート・プラス」の総評価

「ライズ・サポート・プラス」は引受基準緩和型終身保険の中でも一般的な終身保険に近い保障を用意してくれています。

引受基準も厳しくはないため是非検討してみてください!

また、「ライズ・サポート・プラス」のような引受基準緩和型保険で、医療保険と死亡保険が一緒になった商品もあります。

医療保険と死亡保険を同時にカバーしたい方は、そのような保険もおすすめです。

PR

「ライズ・サポート・プラス」の解説・評価を行ってきましたが、これらはあくまで一般論です。

多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

「近くに保険ショップがないから自分には関係ない」と思った方もご安心ください。

ほけんのぜんぶ」は無料訪問相談を行っているので、近くに保険ショップがなくても自宅や勤務先でFPに相談できます。

さらに「ほけんのぜんぶ」は32社一斉比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんのぜんぶ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら保険相談+面談後アンケート回答でプレゼントがもらえるキャンペーンもやってますよ!