【医療保険】「終身医療保険プレミアムDX」は安さを求める方におすすめ!評判・口コミも紹介|チューリッヒ生命

この記事では、「終身医療保険プレミアムDX」の公式サイト・パンフレットで強調されている点を検証し、さらに公式サイトに載っていないデメリットを解説します。

評判・口コミも紹介しますよ!

「終身医療保険プレミアムDX」はチューリッヒ生命が販売する医療保険です。

チューリッヒと聞くとCMもよく見る自動車保険の方を思いつく方も多いかと思います。

実は自動車保険を販売しているのはチューリッヒ保険会社で、「終身医療保険プレミアムDX」等の生命保険で販売しているのはチューリッヒ生命なんです。

「終身医療保険プレミアムDX」は公式サイト・パンフレットで以下の5点を強調しています。

(1)三大疾病はもちろん七大疾病による入院も支払い日数無制限で保障

(2)約1,000種類の手術を何度でも保障

(3)先進医療を通算2,000万円まで保障

(4)退院後の通院も1日につき5,000円給付

(5)保障を自由にカスタマイズ可能

それぞれ見ていきましょう。

資料請求
資料請求はコチラから→ほけんのぜんぶ 

1.公式サイト・パンフレットの内容検証

(1)三大疾病も七大疾病による入院も支払い日数無制限で保障

七大疾病は、三大疾病のがん・心疾患・脳血管疾患に加えて糖尿病・高血圧性疾患・肝疾患・腎疾患のことです。

「終身医療保険プレミアムDX」では七大疾病延長入院特約を付加した場合、七大疾病による入院が無制限で保障されます。

無制限というのはかなり魅力的なのですが、この特約の保険料が高めなのが気になるところです。。。

(2)約1,000種類の手術を何度でも保障

「終身医療保険プレミアムDX」の手術保障は、入院中手術5万円・外来手術5万円or入院中手術10万円・外来手術5万円となっています。

最高10万円は十分に高い金額ですね。

(3)先進医療を通算2,000万円まで保障

先進医療技術の自己負担額と同額を通算2,000万円まで保障してくれます。

平成31年1月10日に行われた先進医療合同会議の資料によると、平成29年7月1日から平成30年6月30日までの間に先進医療を受けたの患者数は28,539人です。

以下に上期間で実施件数が多かった5つの先進技術をピックアップしました。

技術名 実施件数(件) 1件あたりの先進医療費用(円)
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 23,859 656,419(約65万円)
陽子線治療 1,663 2,716,016(約270万円)
重粒子線治療 1,008 3,133,672(約310万円)
MRI撮影及び超音波検査融合画像に基づく前立腺針生検法 366 107,601(約10万円)
ウイルスに起因する難治性の眼感染疾患に対する迅速診断(PCR法) 198 24,162(約2万5千円)

「【先進医療会議】平成30年度先進医療技術の実績報告等について」(厚生労働省) に基づいて作成

通算2,000万円まで保障という割には1件あたりの先進医療費用は高くありませんね。

一番実施件数が多い多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は、白内障の治療法です。

年々白内障になる人数は多くなっています。

また、今後も先進医療技術の数が増加するかもしれません。加入して間違いない特約と言えます。

(4)退院後の通院も1日につき5,000円給付

「終身医療保険プレミアムDX」では、退院後通院特約を付加すると退院後の通院が保障されます。

特約の保険料は高くも安くもないですね。保障内容も一般的です。

(5)保障を自由にカスタマイズ可能

「終身医療保険プレミアムDX」では、Webから申し込むときでも入院給付日数を30日型・60日型・120日型、入院給付日額を5,000円・10,000円・15,000円から選ぶことができます。

また、手術の保障や保険料の払込期間、どの特約を付けるかを自分で選ぶことができます。

とはいえ、ほとんどの生命保険も「終身医療保険プレミアムDX」と同じように選ぶことができることが多いです。

もちろん自由にカスタマイズ可能なことには変わりはありませんが。

2.公式サイト・パンフレットに載っていないデメリット

デメリットにつかって

公式サイトに載っていないデメリットは以下の3つです。

(1)がん保障を手厚くできない

(2)三大疾病診断給付金が受け取れるのは2年に1回

(3)インターネットによる申し込みは月1,500円以上または年15,000円以上から

それぞれ見ていきましょう。

(1)がん保障を手厚くできない

「終身医療保険プレミアムDX」にはがん保障を手厚くできる特約が用意されていません。

プラスの保障が無いだけで他の病気同様に入院費や手術費はもちろん支払われます。

例えば、「新キュア」(オリックス生命)ではがん一時金という特約があり、がんと診断確定されると一時金が受け取れます。

このような特約が「終身医療保険プレミアムDX」にはありません。

最近はがん保障に特化したがん保険もあるので気になる方は別に入れば済む話ですが。

(2)三大疾病診断給付金が受け取れるのはは2年に1回

「終身医療保険プレミアムDX」では三大疾病診断給付金特約を付加すれば、がんと診断確定されたとき、急性心筋梗塞または脳卒中で入院した場合に一時金が受け取れます。

しかし、一時金が受け取れるのは2年に1回だけとなっています。

がんと診断されてその後2年も経たないうちに再度別の部位のがんが発見された場合一時金が受け取れません。

この点は、デメリットになります。

しかし、他の医療保険も同様な年数縛りがあるので、相対的には大きなデメリットにはならないとも言えますね。

(3)インターネットによる申し込みは月1,500円以上または年15,000円以上から

「終身医療保険プレミアムDX」では、インターネット上か郵送のどちらかで申し込むことができます。

しかし、インターネットから申し込む場合は、月払保険料1,500円以上か年払保険料15,000円以上でないと申し込めません。

「終身医療保険プレミアムDX」の基本保障部分だけだとかなり安く月1,500円を大きく下回ります。

手っ取り早く最低限の保障が欲しい方には残念な仕様となっていますね。

もちろん郵送で申し込めば解決することではありますが。

3.「終身医療保険プレミアムDX」の口コミ・評判

ぽいときにつかって

男性の保険料の安さ

掛け捨ての保険なので割安感があり、保障も切れることなく一生涯保障なので安心と思い加入しました。また、決め手は女性よりも男性の保険料が安いという点でした。他社で比較していたところ、逆に女性の保険料の方が安かったりもしたのですが、36歳の男性と女性の比較では男性の方が安かったです。

今回の保険は「お守り」程度と認識していたので、オプションなどは特に付けず、シンプルな保障にしたので、より割安に加入することができました

引用元:チューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」の口コミ・評判(みん評)

保険料の安さは魅力的ですね。

まあまあ良かったです。

チューリッヒはCMで良く見るため、元々視野に入れていましたが、知人が加入しているため話を聞かせてもらうと、私に合っている保険だな、と思い、さっそく見積もりをしました。対応は迅速かつとても丁寧で安心感がありました。

悪かった点を上げるとするならば、対応自体は丁寧だったのですが、少々分かりにくい説明をされたのが何回かありました。その点以外は満足です。ネットでの見積もりもあったようなので、そちらにすれば良かったかも知れません。

対応が丁寧という書き込みが他にも見られました。

4.総評価|安さを求める方におすすめ!

 

主契約だけでみたら「終身医療保険プレミアムDX」はかなり安くなります。

入院日数と入院給付金日額、手術給付金を決めるだけの保障にすることができるので。

30歳男性で30日型5,000円入院中/外来手術5万でシミュレーションすると月払保険料は840円。

他の医療保険では、すでに他の特約が付いていたり30日型がそもそも用意されてないこともあります。

PR

「終身医療保険プレミアムDX」の解説・評価を行ってきましたが、これらはあくまで一般論です。

多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

「近くに保険ショップがないから自分には関係ない」と思った方もご安心ください。

ほけんのぜんぶ」は無料訪問相談を行っているので、近くに保険ショップがなくても自宅や勤務先でFPに相談できます。

さらに「ほけんのぜんぶ」は32社一斉比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんのぜんぶ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら保険相談+面談後アンケート回答でプレゼントがもらえるキャンペーンもやってますよ!