【医療保険】「スーパー医療保険」は保障厚いが保険料高し!評判・口コミも紹介|楽天生命

この記事では、「スーパー医療保険」の公式サイト・パンフレットで強調されている点を検証し、さらに公式サイトに載っていないデメリットを紹介します。

評判・口コミも紹介しますよ!

「スーパー医療保険」は楽天生命の販売する医療保険です。

対面またはインターネットからでも申し込むことができます。

「スーパー医療保険」は公式サイト・パンフレットで以下の8つが強調されています。

(1)入院は日帰りから保障、手術は約1,000種類保障。

(2)8疾病での入院は支払限度日数を延長

(3)放射線治療を受けたとき、骨髄ドナーとなった場合も保障

(4)病気やケガでの入院した後の通院も保障

(5)先進医療を通算2,000万円保障

(6)所定の身体障害状態になったら、保険料の払込が不要

(7)がんを一時金で保障

(8)急性心筋梗塞・脳卒中を一時金で保障

それぞれ見ていきましょう。

1.公式サイト・パンフレットの内容検証

(1)入院は日帰りから保障、手術は約1,000種類保障

「スーパー医療保険」では入院を日帰り入院から保障していて、1回の入院につき60日まで、通算1,095日まで保障が続きます。

また、入院給付金日額は、5,000円~20,000円まで1,000円単位で選ぶことが可能です。

手術給付金は、入院給付金日額の5倍または20倍を選べます。

一般的な保障内容ですね。

(2)8疾病での入院は支払限度日数を延長

8疾病入院支払限度拡大特則を追加すると、がん・心疾患・脳血管疾患の三大疾病支払限度日数が無制限に、糖尿病・高血圧性疾患・肝疾患・腎疾患・すい疾患が1入院につき120日まで保障されるようになります。

8台疾病は年齢や病気によっては60日の保障では足りない場合もあります。

120日までであれば安心できますね。

(3)放射線治療を受けたとき、骨髄ドナーとなった場合も保障

病気・ケガにより放射線治療を受けたとき、60日に1回を限度に無制限で保障してくれます。

また、骨髄ドナーとして骨髄幹細胞または末梢血管細胞の採取手術を受けたときに骨髄ドナー給付金を受け取れます。

(4)病気やケガでの入院した後の通院も保障

「スーパー医療保険」では退院後の通院も保障してくれ、1回の入院につき通院を30日まで保障してくれます。

通院給付金は最大入院給付金日額の6割です。

(5)先進医療を通算2,000万円保障

先進医療にかかる技術料の自己負担額と同額を通算2,000万円まで保障してくれます。

先進医療は、国民皆保険が適用されません。

今現在は、先進医療技術の数はそこまで多くなく、たくさんの人が受けるわけではないです。

しかし、今後増えることも当然考えられます。入っても損はない保障と言えるでしょう。

しかし、10年更新型なのが気になるところですね。

(6)所定の身体障害状態になったら、保険料の払込が不要

約款所定の身体障害状態に該当すると、以後の保険料の支払いが免除されます。

これは多くの医療保険も実施していますね。

(7)がんを一時金で保障

がん(悪性新生物)と初めて診断確定されたとき、その1年後にがんで入院したときに一時金が受け取れます。

一時金を受け取れる回数は1年に1回まで、通算6回までです。

また、上皮内新生物と初めて診断確定されたときは、1回に限り一時金が受け取れます。

がん診断給付金は、50万円~200万円まで10万円単位で設定可能です。

(8)急性心筋梗塞・脳卒中を一時金で保障

急性心筋梗塞・脳卒中で入院したときに、1年に1回、通算6回まで一時金が受け取れます。

プラスでがん保障はあっても急性心筋梗塞と脳卒中の保障はないことも多いです。

「スーパー医療保険」は、がん保障に加えて急性心筋梗塞・脳卒中にも同様の保障を用意してくれるので、嬉しいですね。

2.公式サイト・パンフレットに載っていないデメリット

公式サイト・パンフレットに載っていないデメリットは以下の3つです。

(1)保険料が高め

(2)先進医療特約が10年更新型

(3)ネットと対面では設定に差がある

それぞれ見ていきましょう。

(1)保険料が高め

30歳男性 終身払い 1入院60日保障 入院給付金日額5,000円 先進医療特約以外特約なし という条件でシミュレーションしました。

スーパー医療保険 月払保険料 通算保障日数
アクサダイレクトの終身医療(アクサダイレクト生命) 1.340円 1,095日
新キュア(オリックス生命) 1,531円 1,000日
フレキシィS

(メットライフ生命)

1,577円 1,095日
スーパー医療保険(楽天生命) 1,665円 1,095日
SURE(ソニー損保) 1,727円 1,095日
ちゃんと応える医療保険

(アフラック)

1,974円 1,095日

30歳女性 終身払い 1入院60日保障 入院給付金日額5,000円 先進医療特約以外特約なし という条件でシュミレーションしました。

スーパー医療保険 月払保険料 通算保障日数
アクサダイレクトの終身医療(アクサダイレクト生命) 1.375円 1,095日
フレキシィS

(メットライフ生命)

1,632円 1,095日
SURE(ソニー損保) 1,667円 1,095日
新キュア(オリックス生命) 1,683円 1,000日
スーパー医療保険(楽天生命) 1,750円 1,095日
ちゃんと応える医療保険

(アフラック)

1,984円 1,095日

ほぼ基本保障のみの場合です。

かなり高いわけではないですが、ちょっと高いですね。

また、「スーパー医療保険」の強みを活すならば8大疾病や急性心筋梗塞・脳卒中の保障特約を付加するべきですが、付加するとその分保険料が高くなります。

保険料の高さが「スーパー医療保険」の強みに合うのか検討する必要がありますね。

(2)先進医療特約が10年更新型

「スーパー医療保険」には、他の医療保険同様に先進医療特約が用意されています。

ただ、「スーパー医療保険」の場合特約が10年ごとに更新されます。つまり、保険料が今後上がるかもしれないということです。

今の先進医療は技術そのもの数が少なく受ける患者数も多くありません。しかし、今後医療技術の発達に伴い技術数も増える可能性もあります。

そうなると特約の保険料が今の倍以上になることも十分に考えられますよね。

(3)ネットと対面では設定に差がある

「スーパー医療保険」には、申込み方法としてネット・対面での2種類が用意されています。

ちなみに郵送での申し込みも以前はありましたが、2019年10月11日をもって終了したようです。

しかし、ネットと対面での申し込みとでは設定できる金額などに差があります。

対面型では、入院給付金日額を5,000円~20,000円まで1,000円単位で設定できるのに対し、ネットでは5,000円・10,000円・15,000円の3つから選ぶことになります。

それ以外では大きな差はないようですが、入院給付金日額の設定が自由にできないというのが大きな差ですね。

3.「スーパー医療保険」の口コミ・評判

ぽいときにつかって

・「医療保険には加入せず貯蓄で賄う」といったお考えの方も一考する価値のある保険です。

・ソニー損保の医療保険やアフラックのがん保険との組み合わせ相性も良いです。

・先進医療特約が付いているところが売りです。先進医療付で探しているならお勧めと感じました。

4.総評価 

「スーパー医療保険」には他社にはない8大疾病の保障や急性心筋梗塞・脳卒中の一時金保障があります。

そのためこれらの病気の保障がお求めなら加入をおすすめします。

しかし、デメリットであげたように保険料が高いのがネックですね。

また、「スーパー医療保険」に加入する目的として楽天ポイントもあるにではないのでしょうか。

例えば2019年12月1日以降に申し込んだ場合、保険料1%分の楽天スーパーポイントが貰えるように、このようなプログラムが定期的にある可能性があるのは楽天ならではないでしょうか。

PR

「スーパー医療保険」の解説・評価を行ってきましたが、これらはあくまで一般論です。

多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

「近くに保険ショップがないから自分には関係ない」と思った方もご安心ください。

ほけんのぜんぶ」は無料訪問相談を行っているので、近くに保険ショップがなくても自宅や勤務先でFPに相談できます。

さらに「ほけんのぜんぶ」は32社一斉比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんのぜんぶ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら保険相談+面談後アンケート回答でプレゼントがもらえるキャンペーンもやってますよ!