スーパー定期保険は保険期間が1年から!保険料も安い|楽天生命

スーパー定期保険は、楽天生命が提供している定期保険です。

たいてい定期保険の保険期間は短くても10年からが多いのですが…

なんと、スーパー定期保険の保険期間は1年間です!

 

初めに、スーパー定期保険の特徴をあげました。

・1年ごとに更新する定期保険

・保障内容は、死亡と高度障害だけとシンプル

・支払い時のサポートがしっかりしている

1.場合によっては高くも安くもなる保険料

  • 例 25~29歳男性 保険金額1000万 月払保険料910円
  • 申し込み可能年齢は20歳から79歳
  • 1年単位でみれば安い

 

楽天スーパー定期保険の月払保険料は、「20~24歳」「25~29歳」といった具合に5年ごとに区切られています。

例えば20歳から24歳までは同じ月払保険料です。

また、申し込み可能年齢は20歳から79歳までとなっており、長くても80歳には保証が切れるということになります。

保険料は1年単位でみれば安いです。

しかし、28歳や29歳など保険料の区分がすぐに変わる年齢で、他の定期保険同様に10年などの長期の保障期間にすると少々割高になります。

また、5年ごとに上がる保険料も大きくなります。

2.保険金額は最小500万円~最大5,000万円

  • 死亡保険金は最大5,000万円まで
  • ネットと対面では保険金額設定の自由度が変わる

ネットから契約する場合と対面で契約する場合とで、保険金額の自由度が大きく変わります。

ネットから契約する場合、1,000~5,000万円の500万円単位に対し、対面で契約する場合、500万円~5,000万円の100万円単位で設定できます。

保険金額を細かく設定したいけど、保険相談に行く時間が無いという方にとっては、残念な仕様ですね。保険金額以外では、ネットと対面の違いはありません。

 

3.保険期間は1年から!

  • 保険期間は1年

1年ごとに更新される定期保険です。

楽天スーパー定期保険の1番の特徴と言ってもいいでしょう。

ただし、自動更新されるので1年等の短い年数の期間を考えている場合注意が必要です。保険期間満了日の2週間前までに、更新しないことを伝えない場合自動更新される仕組みになっています。

 

4.目立つ特約はない

  • 付加できる特約はなし

スーパー定期保険は、とにかくシンプルということを売りにしています。

そのため、高度障害やリビングニーズなどの基本的な特約以外はありません。

災害時などの保障が欲しい場合は別の保険で補う必要があります。非喫煙者割引など健康に関する割引もありません。

付ける気のない特約の勧誘を受けることもないので、その点は嬉しいですね(笑)

5.メリット

  • 保険期間は1年
  • AIアドバイザー
  • 支払い手続きのサポート
  • 25歳~29歳の保険料が安い

 

・保険期間は1年

スーパー定期保険の一番の特徴です。

収入が安定するまでの2~3年間とりあえずの保障が欲しい場合など、短い期間の保障が欲しいとき保険期間が1年のスーパー定期保険はおすすめです。

 

・AIアドバイザー

ホームページでAIアドバイザーをいつでも使用することができます。

AIアドバイザーは、楽天の独自のアンケート結果に基づき、最適な保険を表示してくれるものです。

使い方は、チャット形式で出てくる選択肢を選ぶだけ!簡単ですね。

しかしAIアドバイザーはあくまで、アンケート結果をもとに保険を表示するだけなので必ず最適な保険が出てくるとは限りません。

AIでは不安という方には、電話相談や対面で相談といった方法もあります。AIアドバイザーの保険に納得できなかったという方は実際に人と話すと良いでしょう。

 

・支払い手続きのサポート

楽天生命は、保険金や給付金を請求する際に専任アドバイザーがサポートしてくれます。

そもそも何をすればいいのか分からないという所からサポートしてくれるので安心です。必要な書類を送ってくれたり、書類の書き方までなど保険金支払い時の手続き全てを教えてくれます。

お金が早く必要なのに、書類に不備が戻ってきてイライラ!なんてこともありません。

 

・25歳~29歳の保険料が安い

スーパー定期保険では、「25歳~29歳」の月払保険料が一番安く設定されています。

25歳~29歳で「今は保険にお金を充てる余裕がない」という方におすすめできます。

また、この特性を活かして20代だけスーパー定期に加入するとすると保険料はかなり抑えられます。結婚する前、短期間保険に加入しておきたい人にピッタリですね。

 

6.デメリット

  • 保険期間は1年
  • 年齢が高くなればなるほど保険料の上り幅高くなる
  • ネット申し込みだと細かく保険金が設定できない

・保険期間は1年

スーパー定期保険の一番の特徴です。

2~3年の短い保障を考えた場合、楽天生命が設定した年齢区分をまたぐと保険料が高くなってしまいます。

若いときは、保険料の上昇幅は大きくはないので区分をまたいでも問題ありません。

しかし、40代から区分ごとの上昇幅が大きくなってくきます。さらに、70歳以上は1年ごとに保険料が更新されます。

 

・年齢が高くなればなるほど保険料の上り幅高くなる

年齢が高くなれば区分ごとの上り幅がだんだん大きくなります。

例えば、「35歳~39歳」「40歳~44歳」の月払保険料はそれぞれ1,220円、1,770円です。(死亡保険金1,000万円の場合)

区分期間で契約を切れば安いですが、区分期間をまたぐと高い金額になります。

 

・ネット申し込みだと細かく保険金が設定できない

対面での申し込みは500万~5000万円を100万単位で設定できますが、ネット申し込みだと1,000万~5,000万円を500万単位でしか設定できません。

対面で申し込む時間がないけど、死亡保険金は細かく設定したいという方は違う保険を考えた方が良いかもしれません。

 

7.まとめ 短い期間の保障を求める方・死亡保障だけを求める方におすすめ

スーパー定期保険は死亡保険だけを求め、短い期間の保障を考えている場合に最適な保険になります。

70歳以降は1年ごとに月払保険料が高くなるので高齢者向きの死亡保険とは言えません。

どちらかというと若者向けの定期保険と言えますね。

20代の場合は、他の定期保険のような10年の保証期間でも十分安くなります。

加入していた定期保険が切れ、次は終身保険を考えているときのつなぎの保険として考えても良いでしょう。

 

PR

「スーパー定期保険」の解説・評価を行ってきましたが、これらはあくまで一般論です。多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

「近くに保険ショップがないから自分には関係ない」と思った方もご安心ください。

ほけんのぜんぶ」は無料訪問相談を行っているので、近くに保険ショップがなくても自宅や勤務先でFPに相談できます。

さらに「ほけんのぜんぶ」は32社一斉比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんのぜんぶ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら保険相談+面談後アンケート回答でプレゼントがもらえるキャンペーンもやってますよ!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です