生協保険「たすけあい」のメリット・デメリットを解説!評判・口コミも|コープ共済

この記事では「たすけあい」の公式サイトで強調されている点を検証し、さらに公式サイトに載っていないデメリットを解説します。

評判・口コミも紹介しますよ!

コープ共済「たすけあい」はコープ共済連に加入している人が利用できる生命保険として知られています。

コープ共済では他にも「ずっとあい」「あいぷらす」などの生命保険商品を用意していますが、「たすけあい」にはどのような特徴があるのでしょうか。

公式サイトで強調されているのは以下の5点です。

(1)1日目から入院の給付を受けることが可能

(2)申し込み翌日から入院も手術もサポート

(3)スタンダードコース以外にも3つのコースを選べる

(4)安価な先進医療特約と個人賠償責任保険に加入可能

(5)高血圧や脂肪肝などでも加入できる

口コミによる評価も紹介するので、具体的にどんな特色があるのかを確認しましょう。

資料請求

「たすけあい」の資料請求はこちら→保険スクエアbang!

1.公式サイトの内容検証

(1)1日目から入院の給付を受けることが可能

「たすけあい」は入院費を1日目からカバーしてもらえる仕組みになっています。

日額5000円または7000円の入院補償金を、たとえ1日だけの入院でも支払ってもらうことが可能です。

(2)申し込み翌日から入院も手術もサポート

「たすけあい」は入院給付金も手術給付金も申込日の翌日から対応してくれるのも特徴です。

交通事故でその日に手術をしたというようなときにはサポートを受けられませんが、入院や手術が予定されているなら事前に申し込んでおくことで確実に給付を受けられるでしょう。

(3)スタンダードコース以外にも3つのコースを選べる

「たすけあい」は0歳から54歳の人が加入できるスタンダードコースは保険金と医療保障、死亡保障のバランスを重視して、誰もが納得できるように仕上げられているのが特徴です。

これに加えて、「たすけあい」は3つの特別なコースも選べるようになっています。

医療保険としての内容が充実している医療コース、女性がかかりやすい病気について手厚くなっている女性コース、子供のための内容が揃っているジュニア20コースが選択肢になります。
医療コースは掛金の割に病気やけがによる入院での給付金が多めになっているのが特徴です。医療保険として使いたいという人に向いています。
女性コースは女性がかかりやすい病気である卵巣がんや乳がん、緑内障や慢性関節リウマチなどに対して入院費を手厚くしているのが特色です。リスクが高いからこそ早めの対策をして安心して過ごせるようにしたいという女性に適しています。
子供コースは入院における給付金が高めに設定されているのが特徴で、さらに期間が360日まで保障されています。満20歳までしか加入できませんが、けがによる通院の保障も手厚いのでけがが多い子供にとって費用対効果が高い保険になっています。

(4)安価な先進医療特約と個人賠償責任保険に加入可能

「たすけあい」の特長として特約に安く加入できることが挙げられます。

全額自己負担になる先進医療を利用するときに1回あたり最高1000万円まで保障を受けられるのが特徴で、毎月の掛金はたったの100円です。

また、個人賠償責任保険にも毎月140円の保険料で加入できます。

臨時費用補償及び賠償事故解決特約が正式名称で、損害賠償をしなければならないような事態に陥ったときのための損害保険です。最高で3億円の保障を受けられるので安心できるでしょう。

保険に個人賠償責任保険も追加できるのは共済ならではですね。

(5)高血圧や脂肪肝などでも加入できる

「たすけあい」では条件を満たしていれば高血圧や脂肪肝、脂質異常症や高脂血症の診断を受けている人でも加入可能です。

過去5年以内にこれらの病気で入院したことがない、過去1年以内に測定した数値が一定以内の範囲にあるなどといった条件を満たしていれば、たとえ他の保険会社で断られてしまった人でも加入できる可能性があるのが特徴です。

2.公式サイト・パンフレットの内容検証まとめ

(1)1日目から入院の給付を受けることが可能
(2)申し込み翌日から入院も手術もサポート
(3)スタンダードコース以外にも3つのコースを選べる
(4)安価な先進医療特約と個人賠償責任保険に加入可能
(5)高血圧や脂肪肝などでも加入できる

基本的には万人向けのスタンダードコースを用意しながらも、他に3つのコースを用意してライフステージや性別に合わせた保険に加入できるようにしています。入院もけがの通院も申し込みをすれば1日だけでも給付を受けられるので安心できる保険です。

3.公式サイトに載っていないデメリット

(1)終身保障の生命保険ではない

「たすけあい」は終身保障ではないのがデメリットになる場合があります。

あくまで掛金を支払っているときだけ保障を受けることが可能です。

「たすけあい」の説明だけを見ていると失念してしまう可能性があるので注意が必要です。

また、「たすけあい」はベーシックコースの場合、加入条件が0歳から満54歳ですが、満期が満65歳のときにきてしまいます。それ以降はプラチナ85を選べるものの、85歳までしか保障を受けることはできません。

コープ共済の終身保険は、「ずっとあい」です。

(2)生協の組合員にならなければならない

「たすけあい」は生協保険なので生協の組合員にならなければ加入できないのもデメリットです。

組合員になるときには出資金として最低1,000円以上支払う必要があります。

出資金は脱退するときには全額を返還してもうらことができます。

ずっと「たすけあい」等を利用する場合には実質的には費用を負担するのと違いがないでしょう。

4.「たすけあい」の口コミ・評判

ぽいときにつかって

「たすけあい」を利用している組合員からの口コミは良いのでしょうか。評判がどうなのかを具体的な口コミから確認してみましょう。

女性コース2000

女性コース2000とあいぷらすに加入。

加入しており、子宮頚菅包縮術を行いました。

1度目は1週間くらいで振り込みありましたが、2回目は1ヶ月経っても振り込みされておらず、口コミを見ると私だけではないことが分かりました。

振り込みが遅い。これが欠点だと思います。

引用元:コープ共済の口コミ・評判(みん評)

子宮頸部中等度異形成は出ません。

電話対応は丁寧でした。男性も女性も。
他の大手生命会社様では、請求が出来ました。上皮内細胞だから。

先日、コープ共済さんに電話をしたら中等度は出来ません。高等度と診断された時のみとなっております。

女性の為の新がん特約なのに、中等度でも出ないというのがいまいち納得いきません。

引用元:コープ共済の口コミ・評判(みん評)

保険金が支払われないなど良い評判ばかりではなかったです。

せっかく保険料を何年も払ったのに保険金が貰えないのはかなりキツイですね。

どのような条件で保険金が支払われるかなど重要な部分は、加入前に一度約款等の契約内容が詳しく書かれてある書類に目を通すと良いでしょう。

5.「たすけあい」の総評価

コープ共済「たすけあい」は生協保険で組合員を助けるためにデザインされた生命保険です。

他社と比べて保険金が少ないです。手厚い保障を求める場合は向いてません。

しかし、既に共済に加入している人や保険金がたくさん要らない人は考えてもいいでしょう。

特に結婚前の若い方などは死亡時に大きなお金は要らないという方も多いと思います。

まず「たすけあい」に加入しておき、結婚後必要になったら他社の保険に乗り換えるというプランもいいでしょう。

資料請求

「たすけあい」の資料請求はこちら→保険スクエアbang!

保険の無料相談・見直し

「たすけあい」について解説してきましたが、これらはあくまで一般論です。多くの人に当てはまりますが、全ての人に当てはまるわけではありません。子供の数や収入など、条件が異なれば保険の評価も当然異なります。

残念ながらこの記事を書いている私は、この記事を読んでいるあなたの状況を知ることができません。つまり、あなたに最適な保険かどうか完全に判断することはできないのです。

あなたが自分に最適の保険を知りたいなら、一度お金の専門家であるFP(フィナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

相談料は完全無料なので受けて損はないでしょう。

さらに「ほけんスタジオ」はたくさんの保険会社を比較することができるので、保険の種類に合わせて契約する保険会社を変えることができるんです。

ほけんスタジオ」に相談したことで保険料がかなり安くなったという声もよく聞くので、一度無料訪問相談を試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今なら「ほけんスタジオ」を通して保険に加入することで商品券1万円がもらえるキャンペーンもやってますよ!