「つみたて学資」の返戻率は最大驚異の109.0%!評判・口コミも紹介|明治安田生命

「つみたて学資」は明治安田生命が販売する学資保険です。

この記事では、「つみたて学資」の公式サイトで強調されている点を検証し、さらに公式サイトに載っていないデメリットを紹介します。

評判・口コミも紹介しますよ!

この「つみたて学資」はよくCMで流れているかんたん保険シリーズライト!の一種です。

あの、水色と白色のちっちゃくてかわいいキャラクターが「トゥン・トゥン・トゥン・トゥン・トゥントゥル・トゥン・トゥン・トゥン・アフォー!」という音楽に合わせて踊っているやつと言えば分かるでしょうか?

志尊淳さん、山下リオさん、そして戸塚純貴さんが出演しているって言ったほうがわかりやすいですかね?

ちなみに、あのキャラクターの名前は「ライト!くん」と言うそうです。そのままですね(笑)

公式サイトで強調されているのは以下の5点です。

(1)一括払いで受取率109.0%!

(2)時期に合わせて教育資金を確実に受けとれる

(3)保険料の払込は15歳で終了

(4)契約者が万が一のときは保険料払込免除

(5)24時間妊娠育児相談サービス

それぞれ見ていきましょう。

資料請求
資料請求はコチラから→保険スクエアbang!

 

 

1.公式サイトの内容検証

(1)一括払いで受取率109.0%! ★★★★★

学資保険に加入する際、やはり重要なのは「払い込んだ保険料に対して、いくら学資金が受け取れるか」ですよね。

「つみたて学資」は払い込んだ保険料より多くの学資金を受取ことができます!それもかなりの返戻率で。

返戻率が高いほど、学資金は大きくなります。例えば、総払込保険料が200万円の場合、返戻率が105%だと210万円、95%だと190万円学資金を受け取ることに。

お気づきだと思いますが100%を超えると、受け取れる学資金は払い込んだ保険料より大きくなるです!

「つみたて学資」は返戻率が最大で109.0%になります!つまり、総払込保険料が200万円の場合、最大218万円学資金として受け取ることができるということです。18万円も増えてますね!

昨今は金利が低くく、返戻率が100%を切る学資保険も珍しくありません。「つみたて学資」の返戻率は驚異的と言えるでしょう。

何故、返戻率が高いのか疑問に思ったのではないですか?

実は「つみたて学資」には子どもの入院に関する保障など、一つも付加できる特約がありません。極限まで保障内容がシンプルになっているんです。貯蓄性を重視した結果と言えるでしょう。

とにかく、「つみたて学資」は返戻率が高いです!

(2)時期に合わせて教育資金を確実に受けとれる ★★★★☆

「つみたて学資」では、大学でかかる教育費に備えて教育資金・満期保険金を合計4回受け取ることができます。

教育資金を受け取れるタイミングは子どもが満18歳・満19歳・満20歳・満21歳(子どもの誕生日が10月2日~4月1日の場合、満17歳・満18歳・満19歳・満20歳)の各年齢の誕生日以降、最初の来る10月1日です。※満21歳のときに受け取るのは満期保険金です。

例えば子どもが2001年2月15日生まれの場合、最初に教育資金を受け取れるのは2018年10月1日になります。

大学入学時期だけでなく、入学後も1年ずつ教育資金を受け取れるのは嬉しいですね。最近は、私立大学だけでなく国立大学でも授業料高いので。

(3)保険料の払込は最長でも15歳で終了 ★★★★☆

選択できる保険料払込期間は被保険者(子ども)の年齢によって異なるので注意しましょう。

被保険者の年齢が0~2歳の場合、保険料払込期間は10歳・15歳から選択できますが、3~6歳の場合、保険料払込期間は15歳しか選択できません。

とは言え、最長でも15歳で保険料払込期間が終わるのは嬉しいですね。基本、保険料払込期間が短いほど返戻率が高いので。

ちなみに、「つみたて学資」は全期前納払を選択できます。当然、全期前納払のときが一番返戻率が高いです。

(4)契約者が万が一のときは保険料払込免除 ★★★★☆

契約者(親)に万が一のことがあった場合、保険料の払い込みが免除されます。さらに、教育資金や満期保険等の保障内容はそのまま継続されます。

保険料の払込免除事由 死亡または所定の身体障害表の第1級・第2級の障害状態に該当したとき。

親に万が一のことがあっても、子どもにお金を残せるのは安心ですよね。

とは言っても、この保障内容は多くの学資保険にあるものなので、特別「つみたて学資」が優れているわけではありません。

メリットであることに変わりはありませんがね。

(5)24時間妊娠育児相談サービス ★★★★☆

「つみたて学資」に加入すると無料で、24時間妊娠育児相談サービスを利用することができます。

経験豊富な看護師、保健師等の専門家が、24時間対応でアドバイスしてくれるのは安心ですね。

 

2.公式サイトの内容検証まとめ

公式サイトの内容検証は以下のようになりました。

(1)一括払いで受取率109.0%! ★★★★★

(2)時期に合わせて教育資金を確実に受けとれる ★★★★☆

(3)保険料の払込は15歳で終了 ★★★★☆

(4)契約者が万が一のときは保険料払込免除 ★★★★☆

(5)24時間妊娠育児相談サービス ★★★★☆

全体的に優秀な学資保険と言えるでしょう。受取率が最大109.0%を超えるのが最大の魅力ですね。

資料請求
資料請求はコチラから→保険スクエアbang!

3.公式サイトに載っていないデメリット

「つみたて学資」の公式サイトに載っていないデメリットは以下の2つです。

(1)特約がない

(2)契約者年齢の幅が狭い

それぞれ見ていきましょう。

(1)特約がない

「つみたて学資」は返戻率が高い代わりに、子どもの医療保障や育英年金特約といった特約がありません。

特約を付けたい方にとっては物足りない商品に感じるでしょう。

ただ当然、特約を付加すると保険料は高くなりますし、特約の必要性があるかもしっかりと考えたほうが良いですね。

例えば子どもの医療費だったら、自治体の公的保証で十分なことがほとんどです。

(2)契約者年齢の幅が狭い

「つみたて学資」は契約者年齢が満18歳~満45歳と、幅が狭いです。

多くの学資保険は満50歳、またはそれ以上までが契約者年齢の上限であることが多いので。

高齢出産した方や、孫のために祖父祖母が加入するのは難しそうですね。

 

4.「つみたて学資」の評判・口コミ

ぽいときにつかって

利率重視の保険

妊娠中に子どもの学費を確実に確保しておきたいと考え学資保険に契約しました。保障より利率重視だったためネットで学資保険の利率を調べ、一番高かったものを選びました。 明治安田生命では個人年金保険にも加入していたため、担当の方に自宅に来ていただきました。毎月でなく年払いしたいことを話すと、できないと言われましたができました。私は以前銀行で保険を販売していたこともあり、私の方が詳しかったように思います。事前に年払いで10年払込にしようと決めていたためスムーズに契約できました。 保険自体は満足しています。ただ自分で知識がないと保険会社の方が言われるまま契約してしまう方もいるのではないかと思いました。自分である程度勉強し契約されることをお勧めします。

利率について

学資保険の利率が下がっている中、明治安田生命は109%ほどありました。月々支払うものではなく、一括で前納することで、高額割引が利くようです。現時点である程度の貯金がある場合は、一括での支払いがお得です。また、男性より女性の方が利率がいいので、奥さんの名義で契約した方がいいです。出産前にも契約でき、お祝い金は18歳から21歳の4年間です。大学の授業料にお金が必要になってくるので、とてもいいプランだと思います。

学資保険の対応は悪い

私は、子供が三人いてそれぞれ別々の学資保険に入ってますが、安田生命さんはその中でも返戻率がよかったので加入しました。しかし、対応されたご担当の方は新卒の方なのか商品についてよく分かっていない上に対応もとても、遅く、シュミレーションを出すのにも催促しないと出てこない状況でした。そして、契約の時には、私にとってあまり学資保険は利益ないのでとポロッと漏らすというありさま。その後の書類のやり取りもあまりよくありませんでした。返戻率がよくなければ契約したくありませんでした。

積立利率を魅力に感じて加入している人が多いようですね。ただ、担当の対応が悪かったという方が少なくありませんでした。

こればっかりは運なのでどうしようもないですね。本当に嫌だったら担当の方を変えてもらいましょう。

担当の方のせいで、良い保険に加入する機会が奪われてしまうのは避けないといけません。

 

5.「つみたて学資」の総評価

総合的にみて優秀な保険と言えるでしょう。返戻率最大109.0%は大きな魅力です。

ただ、契約者年齢が満45歳までなのが、少し残念ですね。

45歳より年齢の高い方は、他の学資保険を検討しましょう。

資料請求
資料請求はコチラから→保険スクエアbang!